【粟野如月コラム】「D1Lights 2020年シリーズ閉幕」今年も応援ありがとうございました!!【KISA’s DRIFT LIFE vol.53】

【粟野如月コラム】「D1Lights 2020年シリーズ閉幕」今年も応援ありがとうございました!!【KISA’s DRIFT LIFE vol.53】

波乱万丈の2020年シーズンが終了!

応援してくださった皆さま、ありがとうございました

コロナ禍で一時は開催自体が心配された2020年シリーズ。ドリフトに限らず、すべてのモータースポーツが不安を抱えながらの1年となりましたね。

まだ最終戦が年をまたぐカテゴリーもありますが、私が参戦しているD1Lightsは先日無事に全7戦を終え、シリーズ閉幕となりました。感染対策を万全に開催してくれた関係者の方々、本当にありがとうございます。

長年共に参戦してきた愛車クレスタは、開幕戦からずっと電気系のトラブルに悩まされていたこともあり、シリーズ途中から、本来なら海外で走らせるために制作していた180SXに乗り換えるという選択をしました。急なわがままに協力してくれたロケットバニー三浦さん、本当にありがとうございます。ですが、以前このコラムでもお伝えしたように、その180SXもシェイクダウンで炎上。なんとか復活させることができましたが、苦しいシーズンとなってしまいました。

2020年は今まで通りの生活ができず、世界中のみんなが不自由な思いをした1年でしたね。そんな中で孤独や不安を感じることも沢山ありましたが、シリーズ全てを走り切れたのは、スポンサーやサポーターの皆さん、家族やチーム、そして応援してくださる方々のおかげだと痛感しています。

ドリフト競技にチャレンジしはじめてからずっとスポンサーしていただいている、台湾のJBT BRAKE SYSTEM。サイルンタイヤには最高のタイヤを使わせていただきました。今年からイノベイティブ販売にスポンサーしていただけたことも大きかったです。そしてCAR工房は、スポンサーだけでなく練習機を用意していただいたり、日頃の相談や心強い連絡をもらい、いつも元気でいることができました。

結果をなかなか残せない私を、ずっと諦めずに応援してくれるWORK Wheels。MMMは現地には来れなかったものの、練習から組み立てまでのモチベーションの上げ方からクルマのセットアップまで一緒に戦ってくれました。

モティーズはただオイルを使わせていただくだけではなく、力の少ない女性ドライバーにも扱いやすく、マシンを最大限乗りこなすために完璧なオイル選択で安心して走らせてくれました。

ジーマイスター、今年デザインと施工していただいたラッピングは大好きです。それだけではなく、大会の移動に必要な積載車を使わせてくれたり、妹のように可愛がってくれました。

TCLSさださん、Auto Galleria大野さんにはメカニックとして現地にも同行していただきました。さらには業界以外の方々、ヨットや海の世界から海洋サービス、ブレイク、カヤロープ、ハーケン、そして後半からは清水炉工業所からスポンサーしていただきました。

ここに書き切れないほど沢山の方々のスポンサー、そしてサポートがあってスタートラインに立てていること。車内にひとりでいる時も、決してひとりじゃないと信じさせてくれること。本当に心から感謝しています。スポンサーについては、またひとつずつブログにて紹介させていただこうと思っています。

そして、技術以外の部分でもまだまだ至らない点だらけの私を、厳しくもずっと信じて指導してくれる私の先生、元D1ドライバーのYUBO先生にも感謝の気持ちでいっぱいです。

来シーズンのスケジュールはまだ発表されていませんが、もし例年通りの開幕となるのであれば、このシーズンオフは例年より短いことになります。ノンビリしている時間はないですね。私の中での2021年シリーズはすでにはじまっていると思い、いまいちど初心に返り、しっかり自分と向き合って来シーズンに備えたいと思います。

こちらのコラムもこれが2020年最後の投稿となります。次は2021年! 来年もクルマまみれの1年にしましょう\(^^)/ 少し早いですが、皆さん良いお年をお迎えください。1年間、応援本当にありがとうございました!!