車高調への換装よりも、トータルでのコストはお手頃かも!? なリフトアップ系アイテム|レディリフト|アップスタイル カスタム

適度なアップ量で変わった感も演出

アメリカ発のブランド「レディリフト」

MLJ READY LIFT SUSPENSIONS 2.0 SST LIFT KIT

SUVとリフトアップの相性は抜群だ。
ロードクリアランスが確保でき、悪路走破性がアップする。
と同時に、タフさの強調もできる。

そしてなにより、カッコ良いではないか!

リフトアップには、以下の2種類の方法がある。

1:ローダウンと反対にリフトアップ仕様のバネ(サスキット)を組む
2:スペーサーをかます

『レディーリフト』のキットは後者の方法を採る。

バネを変える方式だと、バネレートが固くなるなど乗り味が大きく変わる可能性があるが、スペーサー方式ならバネレートは変更なし。
つまり乗り味は大きく変わらない。
重心が上がるからフラツキの心配はあるが、例えばRAV4用キットは約2インチアップと“適度なアップ幅”ということもあり、大きなネガはない様子。
その上、価格が約9万円で、作業は「慣れれば2時間コース」(エムコンフィデンス楠さん)。

車高調への換装よりも、トータルでのコストはお手頃かも!?

本国ではとんでもないリフト量のキットも設定するが、RAV4には適度なアップ量を提案。
やりすぎ感はなく、しかし確実に「変わった!」と思える絶妙なアップ量である。

●価格:8万9000円 ●適合:RAV4(50)
●アップ量:2インチ(約5mm)

FRONT

バネ、ダンパー一体式のストラットの上部にスペーサーをかます。
色が黒いため、タイヤハウス内から覗き込んでも見えないが、エンジンルーム内からはスペーサーの『R』字が確認できる。

REAR

ストラットをバラさずに済むフロントに対し、リアはメンバーを外す等、スペーサーを組み込むための作業の手数は多い。
バネ部計2箇所、メンバー部計4箇所にスペーサーをセット。

サンプル車は、純正サスにレディーリフトのリフトアップキットを組み込んだ。
前後の車高のバランスも良く(キレイな平行だ)、タフなイメージのホイールとの相性も抜群。

取材協力 m-confidence

車種関係なく、トータルカスタマイズを提案するエムコンフィデンス。
今回撮影したRAV4は社長の愛車だ。
レディーリフト製キット装着の工賃を伺うと、「ウチなら3万5000円~とかかな」とのこと。

神奈川県横須賀市大矢部3-17-19
046-836-1237 http://www.m-confidence.com

問:MLJ 03-5473-7588 https://www.mljinc.co.jp

アップスタイルカスタムガイド (2020/11/18)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

  • 【特別賞・ブランド賞発表!】スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン

    スタイルワゴン創刊300号記念愛車投稿キャンペーンへのたくさんのご参加、ほんとうにありがとうございました。特別賞・ブランド賞受賞者が決定いたしました!