元フォース・インディア副代表がFIAシングルシーター委員会のトップに

 フォース・インディアF1チーム(現レーシングポイント)でかつて副代表を務めたボブ・ファーンリーが、FIAのシングルシーター委員会の委員長に任命された。

 ファーンリーは委員長の職務を、今後F1のCEOになるステファノ・ドメニカリから引き継ぐことになる。

 ビジャイ・マリヤがスパイカーチームを買収して誕生したフォース・インディアにおいて、ファーンリーは10年以上にわたって職務にあたってきた。

 しかしチームは2018年夏に破産申請をし、ローレンス・ストロールに買収された。その後、ファーンリーはチーム副代表の座を退いた。

 ファーンリーは、2019年にマクラーレンのインディアナポリス500参戦を準備段階から監督したが、フェルナンド・アロンソが予選を通過できずに終わり、ファーンリーはチームを離れた。

 FIAシングルシーター委員会は、近年ジュニアレース界と多くのジュニアカテゴリーの再構築に尽力してきた。

 ドメニカリ以前には、フェラーリとマクラーレンのドライバーを務めた経験を持つゲルハルト・ベルガーがこの委員会の指揮をとっていた。ベルガーはヨーロピアンF3を復活させるとともに、グローバルシリーズとしてのF4創設に取り組んだ。

 ドメニカリはシングルシーター委員会在職中、F3ヨーロピアン選手権とGP3シリーズを統合し、現在のFIA-F3選手権を設立している。