ペレス、F1引退危機から一転、夢のトップチーム加入へ「タイトルを目指すレッドブル・ホンダを全力でサポートする」

 セルジオ・ペレスは、F1デビューから11年目となる2021年、タイトル争いが可能なビッグチーム、レッドブル・ホンダへの移籍を果たす。

 レッドブル・レーシングは、2021年に向けてマックス・フェルスタッペンのチームメイトについて検討した結果、レッドブルファミリー出身ではないペレスの起用を決めた。

 ペレスは、2011年にF1デビュー、10年のF1キャリアのなかで優勝1回を含む表彰台10回を成し遂げたベテランドライバーだ。長く所属したレーシングポイント(元フォース・インディア)が、アストンマーティンに改名して臨む2021年シーズンに向けて4度のチャンピオン、セバスチャン・ベッテルの起用を決めたため、すでに契約を結んでいたペレスは離脱を余儀なくされた。実力と資金力を兼ね備えたドライバーでありながら、行き場を失ったペレスにとって、F1に残留するための最後のチャンスがレッドブルとの契約だった。

 レッドブルはこれまで、育成ドライバーをアルファタウリ/トロロッソで走らせてから昇格させる方針をとってきたが、アレクサンダー・アルボンのパフォーマンスを不十分と判断したことで、ペレスにチャンスが訪れた。

セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2020年F1第16戦サクヒールGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

「2021年、レッドブル・レーシングでレースをする機会を与えてくれたレッドブルに心から感謝する」とペレスはコメントしている。

「F1に参戦し始めて以来、チャンピオンシップ争いをするチームでレースをすることをずっと望んでいた。マックスのチームメイトとして、レッドブルカラーを身にまとい、グリッドにつく瞬間には、誇らしい気持ちになるだろう」

「来シーズン、100パーセントの力を尽くすと断言する。このチームと僕は勝利を求める姿勢を共有している。再びタイトルを獲得すべく戦いに挑むこのチームのサポートをし、優れたパフォーマンスを発揮するために、僕はここにいるんだ」