レッドブルF1代表、異例の決断でペレスを選択「アルボンは重要な存在。結論を出すのに時間がかかった」

 レッドブル・レーシングは2021年に、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとして育成ドライバー出身者ではないベテラン、セルジオ・ペレスを抜擢することを決めた。チーム代表クリスチャン・ホーナーは、長い時間をかけてアレクサンダー・アルボンとの比較を行った結果、ペレスがふさわしいドライバーであるとの結論に至ったと語った。アルボンはテスト&リザーブドライバーとして、2022年に向けた開発作業を担当する。

 2019年、ダニエル・リカルド離脱に伴い、レッドブルはフェルスタッペンの僚友としてピエール・ガスリーを起用。しかし半年でガスリーをトロロッソに戻し、トロロッソからこの年F1にデビューしたばかりのアレクサンダー・アルボンを昇格した。

 アルボンは2020年に残留したものの、フェルスタッペンとのパフォーマンス差は大きく、レッドブル首脳陣は悩んだ末に、2021年にはアルボンをリザーブドライバーとしてグループに残したうえで、ペレスとレギュラードライバー契約を結ぶことを決めた。

 レッドブルは基本的に、ジュニアドライバーをトロロッソ/アルファタウリで走らせた後に昇格させる形でドライバーを選んできたため、ペレスの起用は異例の判断といえる。

セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

「アレックスは我々チームにとって貴重なメンバーであるため、この決断については、懸命に時間をかけて検討した」とホーナーは言う。

「すべての関連データとパフォーマンスをじっくり評価した結果、2021年のマックスのチームメイトとしては、セルジオが適任であるという結論に至った。彼をレッドブル・レーシングに迎えることを楽しみにしている」

「アレックスは、テスト&リザーブドライバーとして今後もチームの重要なメンバーであり続け、2022年の開発に重点を置いて作業を行ってくれる。彼のハードワークと貢献に感謝したい」

2020年F1第16戦サクヒールGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー
2020年F1第16戦サクヒールGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー