レッドブルF1、ペレスをフェルスタッペンのチームメイトに起用との報道。アルボンはリザーブに降格か

 レッドブル・レーシングは2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスを選んだと報じられている。

 同チームで1年半走ったアレクサンダー・アルボンは、フェルスタッペンとのパフォーマンス差を縮めることがなかなかできず、首脳陣は2021年にアルボンを残留させるか、外部からドライバーを起用するかを検討してきた。

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)&クリスチャン・ホーナー(レッドブル チーム代表)
2020年F1第17戦アブダビGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)&クリスチャン・ホーナー(レッドブル チーム代表)

 レッドブル育成プログラム出身のドライバーを走らせる方針を基本的には貫いてきたチームだが、レーシングポイントで今年初優勝を挙げ、ランキング4位を獲得したペレスと、2019年でF1シートを失ったものの、2020年に代役として出場して見事なパフォーマンスを発揮したニコ・ヒュルケンベルグが候補であると認めていた。

 12月17日にレッドブル傘下のメディア『SPEEDWEEK.com』が、レッドブル・レーシングは2021年に向けてペレスと契約することを決め、18日に発表すると伝えた。アルボンはリザーブドライバーとしてレッドブルファミリーに残る見込みだという。
 オランダの『De Telegraaf』紙も同様の報道を行っている。

 2011年にザウバーからF1デビューした現在30歳のペレスは、これまで10回表彰台を獲得、2020年サクヒールでは悲願の初優勝を挙げた。非常に高い評価を受けているペレスだが、レーシングポイントがアストンマーティンに改名する2021年に向けてセバスチャン・ベッテルを獲得したことで、チーム離脱を強いられ、レッドブルと契約する以外、2021年に残留する道は残されていない。