『ランボルギーニSC20』発表。モータースポーツ部門が手掛けたオープントップ・ワンオフモデル

 ランボルギーニのモータースポーツ活動を担うランボルギーニ・スクアドラ・コルセは12月16日、公道走行も可能なオープントップレーシングカー『ランボルギーニSC20』を発表した。

 ランボルギーニ・スクアドラ・コルセによって設計された2台目のワンオフモデルとなる『SC20』は、イタリアンスーパーカーブランドのデザイン部門チェントロ・スティーレがそのデザインを手掛け、オーナーのリクエストをもとに完成した唯一無二の限定車だ。

 レース仕様のエアロダイナミクスを特徴とするボディパネルはカーボンファイバー製で、空力エンジニアによってコクピットに座るドライバー、コドライバーのどちらにとっても最適なエアフローを実現。オープントップモデルでありながら、高速走行時も快適なドライビングが可能となっている。

 外観の各所にはランボルギーニの他モデルからインスパイアされたパーツが見られ、例えばエアインテークはウラカンGT3 Evoから、まるで彫刻のような造形のサイド部分にはエッセンサSCV12で採用されたソリューションが反映されている。
 
 また車両後部には迫力ある大型のカーボンファイバー製スポイラーが取り付けられた。このウイングにはロー、ミディアム、ハイという3つのポジションが用意され、必要なダウンフォース量に合わせて調整可能だ。
 
 搭載されるエンジンはランボルギーニのフラッグシップV12型をベースにした6.5リットル12気筒自然吸気エンジン。その最大出力は770ps/8500rpm、最大トルクは720Nm/6750rpmをマークする。エンジンが発する強大なパワーは7速ISRギアボックスとセントラル・エレクトロニック・ディファレンシャルを備えた四輪駆動システムによって制御され、フロント20インチ、リヤ21センチのシングルナット・アルミホイールに装着されたピレリPゼロ・コルサタイヤを通じて路面に伝達される。

 チーフテクニカル・オフィサーを務めるマウリッティオ・レッジャーニは、“Bianco Fu(ホワイト)”をベースに“Blu Cepheus(ブルー)”の塗装を取り入れた特徴的なボディカラーが採用されたSC20について次のように語っている。

「SC20は洗練された技術、イタリアのクラフトマンシップ、スポーティネス、先進のデザインが癒合したマシンだ」

「ランボルギーニのV12エンジンとカーボンファイバーを採用し、紛れもなくランボルギーののDNAを受け継いだ画期的なオープンタイプカーのローモデルであると言えるだろう」

 ランボルギーニ・モータースポーツ責任者を務めるジョルジオ・サンナは「SC20はランボルギーニ・デザインによるスクアドラ・コルセのなかでも、より高い技術とスタイルが求められた」とコメント。
 
「これはお客様の希望をもとにチェントロ・スティーレが見事に解釈した1台だ」

「今回のプロジェクトでは、開発から製造までのプロセス全体を通して、お客様の希望を叶えることに重点を置いたんだ」と語っている。

ランボルギーニSC20(エクステリア:リヤビュー)
ランボルギーニSC20(エクステリア:リヤビュー)

■ランボルギーニSC20のフォトギャラリーはこちら

ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20
ランボルギーニSC20