新世代ロゴを採用。プジョー308次期型、ハイブリッドは300馬力超え

■8年ぶりのフルモデルチェンジ、プジョー新世代ロゴ採用第1号に

プジョーの主力コンパクトカー「308」次期型プロトタイプが厳冬のスカンジナビアで耐寒テストを開始しました。

プジョー308_003
プジョー308 次期型プロトタイプ

初代308は、2007年に「307」後継モデルとして登場、以降ステーションワゴン、CC(クーペカブリオレ)、セダンなど幅広い派生モデルをラインアップし、人気モデルに成長しています。第2世代となる現行モデルは2013年に発売されており、これが8年振りのフルモデルチェンジとなります。

プジョー308_011
プジョー308 次期型プロトタイプ

第3世代となる次期型では「EMP2」プラットフォームを採用、ボディサイズはそのままに剛性が高められます。

捉えた最新プロトタイプは、「508」「208」「2008」で見られる、アグレッシブな牙のようなLEDデイタイムランニングライトや、シャープなヘッドライトを装備しているのが見てとれます。サイドビューでは、リアクォーターウィンドウのアウトラインに偽装がみられ、デザインが刷新される可能性が高いです。

リアエンドでは、新設計されスリムなLEDテールライトの一部も確認、よりスポーティなルックスとなりそうです。

もう一つの注目は、プジョーの新世代ロゴの採用で、ライオンの爪に焦点を合わせたデザインが予想されます。308が第1号となり、グリル中央に配置されるはずです。

プジョー308_012
プジョー308 次期型プロトタイプ

パワートレインは、1.2リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、1.5リットル直列4気筒ディーゼルをラインアップします。注目は、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのPHEVで、最高出力は225hpを発揮するとみられますが、いくつかのパワーバリエーションが用意され、ハイエンドモデルでは300hp以上が予想されています。

308次期型のワールドプレミアは2021年春と予想され、市販型では、ハッチ、ワゴン、セダンの派生モデルがラインアップされることになると思われます。

(APOLLO)