BMW M4カブリオレ次期型、ついに細部まで完全公開!

■スポーティなフロントバンパーのデザイン露出、ソフトトップも確定

BMWは現在、話題沸騰メガ・キドニーグリル初採用の「4シリーズ」に設定されるハードコアオープンモデル「M4 カブリオレ」を開発中ですが、その特許画像が流出。スウェーデンエージェント経由で入手しました。

BMW M4カブリオレ_003
BMW M4カブリオレ新型 パテント画像

欧州連合知的財産庁に申請された画像は、新型M4に準じたボディシルエットが見てとれます。物議を招いている水平バー付きメガ・キドニーグリル、現行のハードトップから変更されたソフトトップも確認できます。さらにメッシュのコーナーエアインテーク形状や、スポーティなフロントバンパーのデザイン、立体感のあるボンネットフード、お馴染みLEDデイタイムランニングライトまでフルヌードが露出しています。

BMW M4カブリオレ_002
BMW M4カブリオレ新型 パテント画像

また、フロントエンドや上向きのスイープベルトラインなどもM4クーペから引き継がれていますが、格納式ソフトトップなど、Aピラー以降は大きく変更されている様子が伺えます。

そのほか、スポイラーに統合されている3番目のブレーキライトを備える個性的トランク、スリムなLEDテールライト、クワッドエキゾーストパイプ、アグレッシブなリアディフューザーなども確認できます。

パワートレインは、M4クーペと同様に2つの異なる出力を選ぶことができる3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。ベースモデルは最高出力480psを発揮、コンペティション仕様は最大510psまで向上されることが濃厚です。M4クーペの0-100km/h加速は4.1秒とされていますが、カブリオレは4.0秒程度が想定されます。

M4クーペは6速MTと8速ATが用意され、後輪駆動または全輪駆動をセレクト可能ですが、強力なコンペティションでは全輪駆動のみが組み合わされます。まだ公式な情報はありませんが、おそらくカブリオレでも引き継がれる可能性が高いと見られます。

M4カブリオレの正式デビューは、2021年春と予想されています。

(APOLLO)