「通勤快速GT-Rでゼロヨン9秒台を目指せ!」名門チューナー『ピットロードM』の挑戦が幕を開けた

「通勤快速GT-Rでゼロヨン9秒台を目指せ!」名門チューナー『ピットロードM』の挑戦が幕を開けた

ドラッグに合わせたモディファイはタイヤのみ!

ステージ不問のオールラウンダー仕様で9秒台突入に挑む

このR35GT-Rは、老舗チューニングショップ“ピットロードM”の代表を務める森下さんの愛機。ピュアエディションがベースのトラックパックオプション装着車ということで、その素性を引き出しながら、“街乗りからスポーツ走行までマルチにこなせるマシン”として仕上げられている。森下代表はこの愛車でゼロヨン9秒台入りを目指しているそうだ。

エンジンはこれまでブースト圧1.1キロの650ps仕様とされていたが、今回は1.3キロをかけて最高出力を750psまでアップ。さらに制御面もECU-TEKを駆使して、スタート時のみブースト圧を0.5キロまで下げて効率的なスタートが切れるようローンチコントロールにも独自のセッティングを施している。

トラックエディションの純正タービン(ニスモGT3タービン)はまだまだ本領を引き出せていないと判断し、HKSのGT1000インタークーラーを投入。ブースト圧1.5キロにも耐えられるよう環境構築を進めている段階だ。

フロントタイヤはポテンザRE-71Rの285/35R20サイズで、ホイールはアドバンレーシングGT(F11J+15&20mmスペーサー)をセレクト。サイズ的に純正フェンダーでは厳しいため、ウエストスポーツの35mmワイドフェンダーを投入している。

一方のリヤは、フージャーのドラッグスリック(28.0×10.5-18)を投入。オールラウンダーをコンセプトに掲げるこのチューンドから、ゼロヨン要素を感じ取れるのはこのリヤタイヤくらいなものだ。

これまでの650ps&ラジアルタイヤ時代のベストは11秒166。100psのパワー上乗せやドラスリの投入によって目標の9秒台突入は間違いなしと思われたが、不安定な路面コンディションに悩まされて10秒892という結果に留まった。ブーストアップ仕様ながら底が見えない戦闘力。10秒の壁を破る日は近いだろう。

●取材協力:ピットロードM 兵庫県姫路市安富町安志912 TEL:0790-66-3359