アルファタウリF1代表、角田裕毅の貢献に大きな期待「チームにとって財産になるドライバー」

 スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、12月16日、レッドブルとホンダのジュニアドライバーである角田裕毅と2021年に向けて契約を結んだことを正式に発表した。ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載したマシンでF1にデビューする角田に、アルファタウリ代表フランツ・トストは大きな期待を抱いている。

 現在20歳の角田は、2019年にFIA-F3選手権シリーズ9位、ユーロフォーミュラ・オープン・チャンピオンシップシリーズ4位を獲得、2020年にFIA-F2選手権に初参戦し、シリーズ3位を獲得した。

 トスト代表は、レッドブル・ジュニアチームの一員である角田の走りを観察してきた結果、すでにF1ドライバーになる準備はできており、チームにとっても大きな財産になると考えたという。

2020年F1アブダビテスト 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1アブダビテスト 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「レッドブルはここ数年、角田選手のパフォーマンスを注視してきた。彼は我々チームにとって大きな財産になると確信している。今年のF2でのパフォーマンスを見ていると、レースでのアグレッシブな姿勢と技術的な部分に対する理解の深さを持ち合わせていることが分かる」とトスト代表は語る。

「11月にイモラ・サーキットで2018年型のマシンをドライブした際には、レースシミュレーションにおいてラップタイムが非常に安定しており、一日のなかで進歩を見せ、エンジニアに対して優れたフィードバックを提供した」

「また、ホンダのエンジニアともスムーズなコミュニケーションをとっており、それは間違いなくチームの助けになる」

「今週のアブダビでのテストでも、彼の習熟の早さを見て取ることができた。彼はF1ドライバーになる準備ができている」