元F1チーム代表フランク・ウイリアムズが入院も容体は安定。家族が発表

 ウイリアムズF1チームの創設者である78歳のフランク・ウイリアムズが現在入院中であることを、家族が明らかにした。容体は安定しているという。

 50年にわたってチーム代表を務めたウイリアムズだが、2020年にアメリカの投資会社ドリルトン・キャピタルに一家が所有する株式を売却。彼と副代表を務めた娘のクレア・ウイリアムズはチームから去った。

 ウイリアムズ家は12月15日に声明を出し、フランクが入院していること、容体は安定していることを発表した。しかし入院の理由については明らかにしていない。

「サー・フランク・ウイリアムズは最近入院したが、現在は安定した状態にある」と一家の声明には記されている。

「フランクの健康状態は私的な事柄であることから、現時点で家族はこれ以上の詳細を明らかにすることはしない」
「家族のプライバシーを尊重するようお願いする。状況の変化があれば発表する予定だ」

 フランク・ウイリアムズは2016年に肺炎を患い、入院生活を送った後、基本的にグランプリ会場に同行するのをやめたが、毎年のイギリスGPの週末だけはシルバーストンを訪れている。

2019年F1イギリスGP ウイリアムズFW42に「フランク・ウイリアムズ代表50周年記念」ロゴ
2019年F1イギリスGP ウイリアムズFW42に「フランク・ウイリアムズ代表50周年記念」ロゴ