JRPA日本レース写真家協会が創立50周年写真展を2021年2月9日から開催

 二輪・四輪のモータースポーツシーンの写真を世界各地で撮影するプロフェッショナル・モータースポーツ・フォトグラファーの日本唯一の団体である日本レース写真家協会(JRPA)は、2021年に設立から50周年を迎え、この歴史を写真で追体験する『JRPA50周年写真展』を2月9日から3月17日まで東京都港区のキヤノンギャラリー Sで開催する。

 日本レース写真家協会(Japan Racing Photographers Association)は1971年に創立されたプロフェッショナル・モータースポーツ・フォトグラファーの団体で、会員たちは新聞・雑誌等での報道目的を主体に、国内外で行われるモータースポーツの感動や興奮を伝えるべく、幅広く撮影を続けている。また、写真教室や撮影会などの協力、アマチュアフォトグラファー向けの活動など、モータースポーツ振興のための活動にも力を注いでいる。

 そんなJRPAは、2021年に創立から50周年を迎える。50年の間にモータースポーツ自体も変化を遂げ、サーキットやラリーフィールド、そしてドライバー、ライダー、マシンも大きく変化してきたが、JRPA会員はモータースポーツが織りなす『一瞬』の魅力を伝える情熱とともに、世界中のサーキットをはじめとしたフィールドの最前線で、50年間シャッターを切り続けてきた。

 50年の間、モータースポーツで変わらないのはスピードの魅力、そして携わる人間たちが作り出す壮大なドラマ。この50年の節目にあたり、そんな魅力とドラマを捉え続けてきたJRPAとモータースポーツの歴史を写真で振り返る写真展『JRPA50周年写真展』が開催されることになった。

 会場は、東京都港区の品川駅近くにあるキヤノンギャラリー S。2021年2月9日から3月17日まで開催予定だ。

 詳細はJRPAホームページ(http://www.jrpa.org/news/2020/1215.html)もしくはキヤノンギャラリーホームページ(https://cweb.canon.jp/gallery/archive/jrpa-2021/index.html)まで、。

JRPA50周年写真展
会場:キヤノンギャラリー S
東京都港区港南2-16-6
JR品川駅港南口より徒歩約8分
京浜急行品川駅より徒歩約10分

開催日程:2021年2月9日(火)〜3月17日(水)
10:00~17:30(日曜・祝日は休館)
※入場無料