SCB最終戦:トヨタ勢届かず。リカルド・マウリシオがポール・トゥ・ウインで3度目の戴冠

 12月11~13日にブラジル・インテルラゴスで開催された同国最大のツーリングカー選手権SCBストックカー・ブラジルの2020年最終戦“スーパーファイナル”は、シボレー陣営のトップチーム、ユーロファーマ-RCのリカルド・マウリシオがポール・トゥ・ウインの完勝を飾って自身3度目のドライバーズチャンピオンを獲得。今季デビューのTOYOTA GAZOO Racingブラジル製『トヨタ・カローラ』は、惜しくも戴冠を逃す結果となった。

 シーズン前半戦から猛威を振るったニューカマー、TGR勢に対して、シリーズの盟主シボレーは中盤以降に劣勢を跳ね返す復活劇を披露。ライバル陣営が30点差を得るたびに、ブランドごとに年間2度の使用権利が解放される“アップデート・パッケージ”を活用し、クルーズはカローラとの戦闘力差をジリジリと埋めていった。

 11月のゴイアニア戦ダブルヘッダーでついにシボレー勢にキャッチアップされたトヨタ陣営は、このアップデート・パッケージを初投入してホセ・カルロス・パーチェに乗り込んできたが、予選でポールポジションを射止めたのはマウリシオとクルーズで、選手権首位チアゴ・カミーロ(イピランガ・レーシング)のカローラは17番手に沈むなど、トヨタ陣営は最終決戦を前に不穏な空気に包まれた。

 その予感は日曜24周の決勝レースで現実のものとなり、新鋭ガエターノ・ディ・マウロ(KTFスポーツ)や僚友の3冠王者ダニエル・セラ(ユーロファーマ-RC)のシボレー勢を従えたマウリシオが、スタートから首位を堅守。セザール・ラモス(イピランガ・レーシング)、リカルド・ゾンタ(RCMモータースポーツ)、ネルソン・ピケJr.(フルタイム・バッサーニ)らのトヨタ・カローラ勢を抑えたマウリシオが、そのままレースを支配していく。

最終戦を前に11名にタイトル獲得の権利が残るなど、2020年はSCB史上最小僅差のタイトル戦線となった
最終戦を前に11名にタイトル獲得の権利が残るなど、2020年はSCB史上最小僅差のタイトル戦線となった
2019年にはCIMED Racingからゲスト参戦した経験も持つフェリペ・マッサもインテルラゴスに駆け付けた
2019年にはCIMED Racingからゲスト参戦した経験も持つフェリペ・マッサもインテルラゴスに駆け付けた
後半戦に戦闘力を増したシボレー・クルーズが予選を席巻し、リカルド・マウリシオがタイトル決戦に向け最前列を確保する
後半戦に戦闘力を増したシボレー・クルーズが予選を席巻し、リカルド・マウリシオがタイトル決戦に向け最前列を確保する
24周の決勝スタートでも盤石のホールショットを奪ったマウリシオが、そのままレースを支配していく
24周の決勝スタートでも盤石のホールショットを奪ったマウリシオが、そのままレースを支配していく

■他車との接触で「急死に一生を得た」と新王者のマウリシオ

 6周目には勢いに乗るディ・マウロのクルーズが“FAN PUSH(SNSファン投票で使用上限回数の決まるオーバーテイクボタン)”を活用してリーダーに襲い掛かるも、この接触劇をなんとかしのだマウリシオは24周を走破して無事フィニッシュラインへ。2008年、そして2013年以来7年ぶりとなるチャンピオン獲得のトップチェッカーを受けた。

「実際、彼(ディ・マウロ)のマシンが僕にヒットしたとき、ヘルメットがシートのプロテクションに当たるほどの衝撃を受けた。すぐにバイブレーションが出て『パンクか!?』とヒヤヒヤしたが、なにも起こらず急死に一生を得たよ」と、その緊迫の瞬間を振り返った新王者マウリシオ。

「彼はプッシュ・トゥ・パスを使っていたし、コーナーへのアプローチで減速し切れずにぶつかったんだろう。レース開始以来、背後では激しいバトルが続いていたから、僕はタイヤのマネジメントに集中した。横にスライドするのではなく、どれだけマシンを前に出せるかに意識を向けていたんだ」

 この結果、WEC世界耐久選手権レギュラーで2017年からこのSCBで3連覇を飾っているセラは4位に終わり、シリーズ4連覇と父のチコ・セラに並ぶ4度目のタイトル獲得の夢はお預けとなったが、ユーロファーマ-RCは3冠獲得のチャンピオンをふたり抱えるという豪華な陣容となった。

 一方、トヨタ陣営最上位は開幕戦勝者でもあるゾンタの2位となり、3位にはピケJr.が続く表彰台に。ゾンタはレース終盤にラモスと接触する間一髪のバトルを演じるも、このアクシデントでラモス側に最終結果5秒加算のタイムペナルティが課され、彼は5位にまで転落。この決定は最終スタンディングにも影響を及ぼし、ゾンタが選手権でも2位に浮上し、セラが同3位でシーズンを終えている。

 このインテルラゴスにポイントリーダーとして臨んだカミーロは、17番手スタートから13番手まで浮上した14周目に電気系統のトラブルに見舞われリタイア。ランキングも4位に後退する失意の結末となった。

自身2014年以来の戴冠を目指したルーベンス・バリチェロ(フルタイム・スポーツ)は、不発の16位に終わった
自身2014年以来の戴冠を目指したルーベンス・バリチェロ(フルタイム・スポーツ)は、不発の16位に終わった
前戦のギュレルメ・サラスに続き、最終戦を掻き回したガエターノ・ディ・マウロ(KTFスポーツ)は、接触後にコース復帰し9位フィニッシュ
前戦のギュレルメ・サラスに続き、最終戦を掻き回したガエターノ・ディ・マウロ(KTFスポーツ)は、接触後にコース復帰し9位フィニッシュ
レースでは巧妙なピット戦略で上位浮上を果たすネルソン・ピケJr.(フルタイム・バッサーニ)が、この最終戦でもライバルの脱落などで3位を獲得した
レースでは巧妙なピット戦略で上位浮上を果たすネルソン・ピケJr.(フルタイム・バッサーニ)が、この最終戦でもライバルの脱落などで3位を獲得した
「今朝は目覚ましなしで6時には(緊張で)起きた」と語ったマウリシオが、僚友に並ぶ3度目の王座を手にした
「今朝は目覚ましなしで6時には(緊張で)起きた」と語ったマウリシオが、僚友に並ぶ3度目の王座を手にした