ルクレール、ベッテルに感謝「たくさんのことを教えてもらった。一緒に走れて光栄」フェラーリ【F1第17戦決勝】

 2020年F1アブダビGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは13位だった。

 前戦のペナルティで3グリッド降格され12番グリッドからミディアムタイヤでスタート、バーチャルセーフティカー導入/セーフティカー出動となった際、10周目に多数のマシンがタイヤ交換を行ったが、ルクレールはステイアウトし、22周目にハードタイヤに交換し、54周のレース(55周のレースを1周遅れでフィニッシュ)を走り切った。
 ルクレールは2020年ドライバーズランキングで8位だった。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=13位
 今日は十分な速さがなかった。オーバーテイクが難しく、低速コーナーで苦しんだ。それで、ポジションを上げるために、他とは違う戦略を試してみることにした。でも残念ながらうまくいかなかった。

 厳しいシーズンだった。しかもこんな形で締めくくることになり残念だ。でも一方で、この数レース、進歩が見られたのは事実だ。冬の間にこの調子で前進し、来年はもっと強くなって戻ってきたい。

 セブ(ベッテル)に感謝している。彼はたくさんのことをチームに与えてくれた。人間的に素晴らしいし、最高のドライバーだ。彼にプッシュされたことで、僕のパフォーマンスが向上し、改善につながった。この2年間、彼がチームメイトですごくうれしかった。今後の活躍を祈っている。

 来年はカルロス(・サインツJr.)が入ってくる。彼はとても速くて、いい仕事をする、安定した力を発揮するドライバーだ。僕にとって大きなチャレンジになるだろうけど、彼が来るのはうれしいし、楽しみにしている。

2020年F1第17戦アブダビGP シャルル・ルクレール、「ありがとうセブ」のメッセージが入ったスペシャルヘルメットを着用
2020年F1第17戦アブダビGP シャルル・ルクレール、「ありがとうセブ」のメッセージが入ったスペシャルヘルメットを着用

(SNSでのベッテルに対するメッセージ)「この2年間一緒に過ごして、人間としてもドライバーとしても、あなたからたくさんのことを学びました。あなたからプッシュされることで向上し続けることができました。感謝していますし、あなたのチームメイトになれて光栄でした。今後の活躍を心から祈ります。あなたはドライバーとしても、人間としても、最高の存在です」