「王道の5スポークか、それとも6スポークで攻めるか」グラムライツの57シリーズが熱い!!【最強ホイール解体新書】

「王道の5スポークか、それとも6スポークで攻めるか」グラムライツの57シリーズが熱い!!【最強ホイール解体新書】

グラムライツの看板ホイールを大研究!

海外専売モデルも存在する57CRと57DRの魅力

グラムライツの起源、57Cから始まった5本スポークホイールの最新が『57CR』。海外専売での展開となっており、日本国内では取扱店舗限定アイテムとして販売されているモデルだ。

リムのウェル部から立ち上がってセンターに向かってコンケイブするスポーク形状は、剛性と軽量性を優先してデザインされたもの。しかも、リム幅によって落ち込み方が異なる専用フェイス設計を採用していることも特徴だ。トレンドに左右されないシンプルな5本スポークデザインは、その性能とともに、長きに渡って愛車とのマッチングが楽しめる。

カラーはガンブルーII、グロッシーブラック、そしてRBC(在庫限り)の3色を設定。無機質な印象でシンプルをより推進するならガンブルーIIを。一方、煌めきを放つグロッシーブラックやRBCを選べば、王道スポーツデザインに気品を与え、ストリートでの存在感を高めてくれるだろう。

一方、6本スポークで突き詰めたシンプルなデザインで、ワールドワイドな人気を誇るのが『57DR』だ。

元々、北米マーケットからのリクエストに応える形で、57Dの海外向けスペシャルモデルとして誕生したこともあり、サイズラインナップに関しても、主要サイズを揃えるグラムライツの他モデルとは異なり、当初は15、17、18インチで展開したが、多彩なアイテム選択が可能となったタイヤ事情を踏まえて、待望の19インチが追加されている。

なお、57CR同様に海外専売モデルとして、日本国内では一部のプロショップ限定での取り扱いとなる57DR。これまでセミグロスブラックのみのカラー展開だが、海外でしか入手できないカラーも存在する。それが2020年の限定カラーとして登場したスパッタブルーだ。

日本国内では入手できない特殊カラーモデルだが、その気になれば逆輸入という手もある。オンリーワンの個性を狙うユーザーは、チャレンジしてみてはいかがだろうか。

製品仕様

■Gram Lights 57CR

価格:3万円〜5万7000円
サイズ:15×8.0J〜19×10.5J
カラー:RBC/グロッシーブラック/ガンブルーII

■Gram Lights 57DR

価格:3万円〜6万円
サイズ:15×8.0J〜19×10.5J
カラー:セミグロスブラック/スパッタブルー