『ジープ・レネゲード』など主力4車種に、人気カラー採用の80周年記念限定車が登場

 北米を代表する4×4ブランド、Jeep(ジープ)の誕生80周年を記念して、FCAジャパンは12月10日に『Renegade(レネゲード)』『Wrangler(ラングラー)』、『Wrangler Unlimited(ラングラー アンリミテッド)』、そして『Cherokee(チェロキー)』の4車種にそれぞれの人気ボディーカラーを導入すると発表。2021年に向け順次導入を図るとともに、期間限定で『オーナーと一緒に祝う80周年フォトコンテスト』の実施をアナウンスした。

 1941年に軍用車両として生まれたジープが2021年80周年を迎えることに先駆け、今回の特別限定車4車種には人気投票の結果を反映したボディーカラーが導入される。

 2週間にわたり実施された投票キャンペーンでは約4万件の投票があり、その結果、テーマカラーのグラナイトクリスタルに加えて、各車種別に個性的なカラーの採用が確定した。

 80周年特別限定⾞の導入予定ボディーカラーは、各モデル導入台数に応じて基軸のグラナイトクリスタルに加え、人気投票上位のカラーが採用される形となり、『Renegade(レネゲード)』はスティンググレー、カーボンブラックメタリック、ビキニメタリックの計4色に。

 2ドアショート版の『Wrangler(ラングラー)』はグラナイトクリスタルとサージグリーンが、4ドアロング版の『Wrangler Unlimited(ラングラー アンリミテッド)』にもサージグリーンの採用に加え、スナッズベリー、ブラックが投票上位に入った。

 さらに『Cherokee(チェロキー)』にもライトブラウンストーン、ダイヤモンドブラックが設定され、2021年の上半期には各モデルに80周年記念のこの限定車が導入予定となっている。

 また、オーナーロイヤリティ向上プログラム“Jeep Wave”の一環として『オーナーと一緒に祝う80周年フォトコンテスト』も実施中で、期間は2020年11月27日(金)から2021年1月4日(月)まで。同プログラムに登録したオーナーを対象に、愛車やそれにまつわる自慢のフォト投稿を受け付け、優秀作品に選出された80名のカットから80秒動画が制作されるほか、全国各地で実施する広告活動に使用される。そのキャンペーン詳細は下記サイトにて。

80周年キャンペーンサイト:https://jeep-real.jp/jeepwave/80th-photocontest/