WRC:シトロエンが『C3ラリー2』発表。R5のアップグレード版として2021年デビュー

 シトロエン・レーシングはカスタマー向けラリーカー、シトロエンC3 R5に新たなビジュアルとアップグレードパッケージを付与した新型カスタマーマシン『シトロエンC3ラリー2』を発表した。

 WRC世界ラリー選手権直下のWRC2やWRC3クラスをはじめ、ERCヨーロピアン・ラリー選手権などで使用されてきた“R5規定”が“ラリー2規定”に改められるなか、フランスのメーカーは競合するシュコダ、ヒュンダイに続き新型ラリー2マシンを披露した。

 新しい名称が与えられたC3ラリー2は、ランニングコストをつねに削減しながら競争力の高いマシンを提供する、というシトロエン・レーシングの哲学を体現したマシンだ。それに基づき2021年の初めには7つ以上のテクニカルアップグレードの導入が予定されている。

 2017年に登場した現行のシトロエンC3 R5は、2019年にブレーキング時の安定性とフィーリングを向上させるための新しいリヤサブフレームのホモロゲーションと、信頼性をさらに高めるべくリヤサスペンションアームの再設計、さらにクルマのバランスを微調整するためのグラベル(未舗装路)ダンパーの改良などが行われてきた。
 
 シトロエン・レーシングの技術メンバーは、2020年にはターマック(舗装路)ダンパーにフォーカス。低グリップの状況下でより良いフィードバックを得られるよう足回りの改良が行われている。

シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2

 2021年にデビューするC3ラリー2でも同様の開発が予定され、第1四半期に合計7つ以上の技術的アップグレードが行われるという。
 
 その計画は市販開始後、約1万5000kmのテストを実施し、多くのカスタマーからのフィードバックをもとに性能、ランニングコスト、ドライバビリティの3つの分野での改善を行うというもの。そのなかには1月初旬に予定されている新しいエンジンソフトウェアの公認取得も含まれる。

 第1四半期後半では、エアロダイナミクスを見直した新しいフロントエプロンをはじめ、幅広い設定を提供する新型フロントディファレンシャルレール、調整可能なブレーキ・ディストリビューションペダルが導入される。また、エンジンプラケット、リヤトーブラケット、エキゾーストマニホールドなど、耐用年数を伸ばすためのアップグレードもプラン内容に組み込まれた。

 なお、シトロエン・レーシングはこれらの新しいアップグレードは12月1日以降に注文されたすべての『シトロエンC3ラリー2』に無料で適用されるとしている。

「2017年の導入以来、私たちは絶えず作業を続け、多くの走行距離を積み重ねてきた。それにより、あらゆるタイプのドライバーに適し、ランニングコストを抑えた、ますます速いクルマをお客様に提供できるようになった」と語るのは、C3ラリー2プロジェクトのテクニカルディレクターを務めるジャン-フランコ・グランクロードンだ。

「今シーズンは開発ドライバーであるマッズ・オストベルグと、ターマック担当のヨアン・ボナートでさらに多くの作業が行われた」

「過去2年間でクルマは大きく進化した。特にホモロゲーションを必要としない多くのコンポーネントの改良といった私たちの努力は実を結び、2020年シーズンの各国ラリーおよび世界タイトルの獲得につながっている」

「2021年のC3ラリー2に革命を起こす必要はない。我々は堅牢でスピードに優れた基盤をベースに、改善できるところは改善しようとしている。開発は終わりのないプロセスだが、これらのアップグレードによりカスタマーのパフォーマンスが車内で見られることを期待している」

シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2
シトロエンC3ラリー2