ランドローバー ディスカバリースポーツの2021年モデル販売スタート、最新のINGENIUMディーゼルを追加

ランドローバー ディスカバリースポーツの2021年モデル販売スタート、最新のINGENIUMディーゼルを追加

Land Rover DISCOVERY SPORT

ランドローバー ディスカバリースポーツ

最高出力204psを発揮、MHEVシステムも搭載

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、プレミアムコンパクトSUV「ディスカバリースポーツ」の2021年モデルを発表。2020年12月10日から、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにおいて、受注をスタートした。

ディスカバリースポーツの2021年モデルは、エンジンラインナップを刷新。新たに最高出力150kW(204ps)・最大トルク430Nmを発揮する最新の2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンを導入した。マイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用したことで燃費向上を図るとともに、従来エンジンから24psの出力向上を実現している。

2021年モデルの導入がスタートした「ランドローバー ディスカバリースポーツ」

充実のドライバー支援システムを標準装備

ディスカバリー・ファミリーの特徴である多用途性に加え、安全性や利便性、快適性が大幅に向上。3Dサラウンドカメラをはじめ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどのドライバー支援システムを標準で搭載。安心で快適なドライブを提供する。

今回、最新インフォテインメント・システム「Pivi」を標準装備(グレード「S」以上は「Pivi Pro」)。「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックには、専用の通信データプランが用意されており、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下でデータ容量を気にすることなく使用することができる。

さらに、多機能な空気浄化システムをオプションで新たに展開。車外の空気の状況や車内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させたり、エアコン動作時にマイナスイオンを発生、PM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターをつけるなど、よりクリーンな環境を提供する。

エクステリアカラーには新色の「ハクバシルバー」が追加され、全11色から選択可能。また、2021年モデルでも日本市場向けに厳選した装備を搭載した「CURATED SPEC」を設定、5種類が用意されている。

【車両本体価格(税込)】

・2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル(204ps)

DISCOVERY SPORT D200:546万円
DISCOVERY SPORT S D200:606万円
DISCOVERY SPORT SE D200:644万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S D200:640万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE D200:690万円

・2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン(200ps)

DISCOVERY SPORT P200:473万円
DISCOVERY SPORT S P200:533万円
DISCOVERY SPORT SE P200:583万円

・2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン(249ps)

DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S P250:610万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE P250:659万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC HSE P250:697万円

・CURATED SPEC

DISCOVERY SPORT S D200:656万4000円
DISCOVERY SPORT SE D200:708万円
DISCOVERY SPORT S P200:583万4000円
DISCOVERY SPORT SE P200:647万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC HSE P250:793万6000円

【問い合わせ】
ランドローバーコール
TEL 0120-18-5568