伝説の名車・ポルシェ930ターボがキアヌ・リーブス出演のアクションRPG「サイバーパンク2077」に現る!

伝説の名車・ポルシェ930ターボがキアヌ・リーブス出演のアクションRPG「サイバーパンク2077」に現る!

Cyberpunk 2077

サイバーパンク2077

最新3DアクションRPGにポルシェ930ターボが登場

未来のディストピアを縦横無尽に暴れ回る3DアクションRPG「サイバーパンク2077」のPlayStation 4/Xbox One/PC版が、日本をはじめ世界各国で12月10日に発売された。

キアヌ・リーブスがキーマンとして客演

この世界規模の大作に、映画「スピード」「マトリックス」シリーズで有名なハリウッド俳優のキアヌ・リーブスが出演。伝説的ロックミュージシャン、ジョニー・シルヴァーハンドという、主人公の導き手となる重要な役どころを担うことになっている。

そんな彼の愛車であり、過去・現在・未来をつなぐ架け橋的存在として超リアルな姿で登場するのは、あの930型ポルシェ911ターボだ!

近未来のメガシティが舞台のオープンワールド型アクションRPG

「サイバーパンク2077」とは、1990年代にアメリカのほか日本でも販売された、アナログのテーブルトークRPG「サイバーパンク2.0.2.0.」を原作として、過去に「ウィッチャー」シリーズを手掛けたポーランドのゲーム開発会社、CD PROJEKT REDが2012年に制作を発表したオープンワールド型のアクションRPG。

プレイヤーは超巨大企業が徹底的な監視により支配する2077年の巨大都市ナイトシティで、“サイバーパンク”と呼ばれるアウトローの主人公V(ヴィー)となり、相棒のジャッキー・ウェルズと共に、あらゆる危険な依頼をこなしていく。

伝説の名車として語り継がれる930ターボを抜擢

Vはその中で外見や武器防具、サイバーウェアを自由にカスタマイズしながら、やがて不老不死の鍵を握る謎めいたインプラント「Relic」を追うことになる。そのRelicにデジタルゴーストとして人格を宿していたのが、キアヌ・リーブス扮するジョニー・シルヴァーハンドだ。

彼は2020年頃に活躍した伝説のバンドSAMURAIのフロントマンで、そんなジョニーが愛車とするのは「サイバーパンク2077」が舞台とする2077年のちょうど100年前、1977年式の930型ポルシェ911ターボ。

「サイバーパンク」ムーブメントの時代に生まれた930ターボ

CD PROJEKT REDの開発チームによれば、「911特有のシルエットに巨大なスポイラーやワイドボディを装着した絶対的なクラシックカー、特にそのシルバーバージョンは超“ロック”で、時代を超越した美学を持っている」、それこそが930ターボを彼の愛車とした最大の理由だという。

さらに930ターボは、「サイバーパンク」というジャンルが生まれた1988年に現役だったモデルであり、「古いものと未来的なものを混ぜ合わせて、独特のレトロフューチャーなスタイルを作り出す」という同作のコンセプトにも合致する。つまりこの930ターボは、過ぎ去りし時代の遺物というだけでなく、2077年のサイバーパンクの世界と現代の世界を繋ぐ架け橋でもあるのだ。

実車を元に施されたリアルなモデリング

なお、作中に登場する930ターボは、ジョニーが生きた2020年のサイバーパンクの世界観にマッチするよう、LiDARやデジタルミラー、警察が空中から地上の車両を識別するためのセンサーなどを装着。また、ボディを独特のペイントで彩っているが、緑とカーキはジョニーの軍歴、赤はSAMURAI、シルバーは彼のニックネームと義手の色を表したものだ。だがボディや室内、エンジンなどは、すべてオリジナルを忠実に再現している。

その3Dモデルの製作には、実車が1台1台ほぼ手作業で製造されていたことを考慮し、写真を元に形や大きさ、要素の相互位置などを再構成するフォトグラメトリーという特殊技術を採用。入手可能な技術図面なども使用しながら、エンジンやサスペンション、ランプ類、インテリアのスイッチ類など細部も含め、実際に機能するようなモデルを作り上げている。そして肝心要のフラット6サウンドは、実車から音響評価設備でサンプリングしたものというから驚きだ。

クラシカルな930ターボに近未来のギミックが満載

そうして作られたジョニーの930ターボは、デジタルミラーがなければ実車の写真・映像と見分けがつかないほど、極めてリアルに作り上げられている。実際にこの記事を制作する際も、ゲームに詳しくない担当編集と「どちらが実車でどちらが作中のモデル?」と確認し合ったのは一度や二度ではない。

同作にはそのほかにも様々な架空のクルマが登場するが、それらにはレクサスのLFAやLC500、アウディ R8、991型ポルシェ911ターボなど数多くの実車からサンプリングされた音声が使用されているようだ。さらにその中にはプロドライバーがテストコースで全開走行を行い収録されたものも。車両にはエンジンルームや室内、エキゾースト付近に小型マイクを設置し、車外からも高性能カメラとマイクで撮影して、その迫力満点なサウンドと挙動を綿密にサンプリングし作り上げているので要チェックだ。

このように、本格派のレーシングゲームさながらの本気度で作られたクルマが無数に登場する「サイバーパンク2077」、ゲーム好きならずともクルマ好きなら決して見逃せない作品なのは間違いない。YouTubeでは多数の作中ムービーが公開されているので、まずはそちらをご覧いただきたい。きっとそのリアルな世界観の虜になるはずだ。

REPORT/遠藤正賢(Masakatsu ENDO)

PHOTO/CD PROJEKT RED

【クレジット】

CD PROJEKT(R), Cyberpunk(R), Cyberpunk 2077(R) are registered trademarks of CD PROJEKT S.A. (C) CD PROJEKT S.A. All rights reserved. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.

【製品概要】

サイバーパンク2077

・プラットフォーム:PlayStation 4、Xbox One、PC※
・ジャンル:オープンワールドRPG
・発売日:2020年12月10日
・希望小売価格:7980円+税
・プレイ人数:1人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)
・販売元:PlayStation 4パッケージ版/スパイク・チュンソフト PlayStation 4・Xbox One・PCデジタル版/CD PROJEKT RED

※PlayStation 4版を購入するとPlayStation 5版の同作に追加購入なしでアップグレード可

【問い合わせ】
スパイク・チュンソフト テレビゲーム専用サポート

TEL 03-5575-5679