Audi Team Hitotsuyama・篠原拓朗選手が鈴鹿で連勝。シリーズランキングトップに浮上!【TCRJ 2020】

■オーバーオール、ブロンズクラスともにチャンピオンシップ争いは佳境へ

TCRJ_鈴鹿サンデーシリーズ_02
サンデーシリーズポイントリーダーの松本選手

例年ならすでにモータースポーツはシーズンオフに突入している2020年12月。その最初の週末となった6日、三重県は鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権が開催され、TCRジャパンシリーズ(TCRJ)が併催されました。

他カテゴリ同様、TCRJのチャンピオンシップ争いも佳境を迎え、前日5日に開催されたサタデーシリーズではAudi RS3 LMSを駆る#21 Audi Team Hitotsuyama 篠原拓朗選手が最終戦を待たずして悲願のシリーズチャンピオンを獲得しました。

そしてこの日行われたサンデーシリーズでは、ランキングトップのVolkswagen Golf GTI TCRを操る#25 Volkswagen和歌山中央 with TEAM WAKAYAMA 松本武士選手とランキング2位の篠原選手によるチャンピオンシップ争いに注目が集まりました。

TCRJ_鈴鹿サンデーシリーズ_03
ポールポジションを獲得した篠原選手

金曜4日に行われた予選では、性能調整となるコンペンセーション・ウェイト60kgを積むAudi RS3 LMS 篠原選手がサンデーシリーズとしては3戦連続、サタデーシリーズを含めると5戦連続となるポールポジションを獲得し5ポイントを上積み。

Volkswagen Golf GTI TCR 松本選手がフロントローとなる2番手タイムをマークし4ポイントを獲得したことで両者のポイント差はわずか6ポイントとなり、決勝では優勝25ポイント、2位18ポイントが獲得できるため、このままの順位で決勝を終えると篠原選手が1ポイント差でランキングトップに躍り出る事になります。

TCRJ_鈴鹿サンデーシリーズ_04
ブロンズクラスポイントリーダーのHIROBON選手

また、ブロンズクラスではランキングトップの#19 バースレーシングプロジェクト【BRP】 HIROBON選手が3列目5番手から、そしてランキング2位で前日行われたサタデーシリーズでオーバーオール初優勝を遂げた#34 Drago CORSE 下野璃央選手は、予選中の走路外走行、いわゆる4輪脱輪で当該ラップのタイムを抹消されたことによって最後尾からのスタートとなりました。

●ブロンズクラスは悲願のチャンピオンが決定!

TCRJ_鈴鹿サンデーシリーズ_05
サンデーシリーズの決勝がスタート

定刻通り10:55にフォーメーションラップがスタートすると、1台のマシンが動き出した直後にマシントラブルによってコース脇にマシンを停めてしまいますが、9台となったマシンはそのままグリッドに並び20周+1周の決勝レースがスタート!

フロントローのAudi RS3 LMS 篠原選手とVolkswagen Golf GTI TCR 松本選手はお互いを牽制し合いながら1コーナーに飛び込んでいきますがポジションは変わらず、後ろからは5番手からスタートしたCUPRA TCR HIROBON選手が抜群のスタートを決め3番手にポジションアップしてきます。

TCRJ_鈴鹿サンデーシリーズ_06
激しい4番手争い

ブロンズクラスに目を向けると、このHIROBON選手が前方からスタートした2台のライバルを1コーナーまでにパスしトップに立ち、チャンピオンシップ争いを優位に進めますが、最後尾からスタートしたHonda CIVIC TCR 下野選手はオープニングラップで3台をオーバーテイクしオーバーオールで6番手、ブロンズクラスでは4番手とポイント圏内までジャンプアップしてきます。

この下野選手が絡む4番手争いは4台のパックとなって周回し、3周目のスプーンで下野選手がライバルをオーバーテイク! そのまま同じHonda CIVIC TCRを駆る#62 全薬工業 with TEAM G/MOTION’ 塩谷烈州選手との一騎打ちとなります。

TCRJ_鈴鹿サンデーシリーズ_07
接触によって下野選手はマシンを停めリタイヤとなった

この4周にわたるCIVIC同士でのテール・トゥ・ノーズの激しいバトルは6周目の日立オートモティブシステムズシケイン進入でサイド・バイ・サイドとなったところで2台が接触。下野選手のマシンはこの接触でタイロッドが折れてしまったようで、そのままリタイヤとなってしまいました。

TCRJ_鈴鹿サンデーシリーズ_08
ブロンズクラスチャンピオンとなったHIROBON選手

レースは上位3台がそれぞれ単独走行となりスタートから独走となったAudi RS3 LMS 篠原選手が10周を走りきりサンデーシリーズ2連勝。Volkswagen Golf GTI TCR 松本選手が2位に入りますがポイント差で篠原選手に逆転を許してしまいました。

3位に入ったCUPRA TCR HIROBON選手はブロンズクラス優勝を飾り、参戦2シーズン目にして念願のブロンズクラスシリーズチャンピオンを獲得しました!

いよいよ次戦は泣いても笑ってもシーズン最終戦。毎戦手に汗握るバトルと共に気になるチャンピオンシップ争いの行方は舞台を富士スピードウェイに移し、2020年12月19日〜20日に予選・決勝が行われる予定です。

(H@ty)