1966年型ビートル コンバーチブルが54年ぶりにドイツへ里帰り。日本人オーナーが本国ミュージアムに寄贈

1966年型ビートル コンバーチブルが54年ぶりにドイツへ里帰り。日本人オーナーが本国ミュージアムに寄贈

Volkswagen 1300 Convertible

フォルクスワーゲン 1300 コンバーチブル

1966年に大阪で購入し、乗り続けられた1台

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、11月25日、VGJ豊橋本社に隣接している専用ふ頭から1台の1966年型「フォルクスワーゲン 1300(ビートル)コンバーチブル」をドイツ・ブレーマーハーフェン港行きの輸送船グラビティ・ハイウェイへと載せた。

このタイプ1コンバーチブルは、オーナーであった故・廣野元吉氏が1966年に大阪の株式会社梁瀬(現・ヤナセ)歌島店で購入したもの。以後、54年間にわたって廣野家で乗り続けられたクルマとなる。生前の廣野氏は44年間、可能な限り自宅で自らメンテナンスを行い、このタイプ1コンバーチブルを終生の伴侶としてきた。

54年ぶりにドイツへと里帰りした「フォルクスワーゲン タイプ1コンバーチブル」

故オーナーが熱望していた本国ミュージアムへの寄贈

フォルクスワーゲンの設計思想やドイツ流のモノ造りを信奉していた廣野氏は、完全なオリジナルコンディションを保ちながら乗り続けていたタイプ1コンバーチブルを「ドイツ本国のミュージアムに寄贈できないか」と望んでいたという。

その遺志を引き継いだ子息の廣野幸誠氏がドイツ領事館、ヤナセなどと協議の末、VGJを通じてウォルフスブルグの「Stiftung AutoMuseum Volkswagen(アウトムゼウム・フォルクスワーゲン基金)」と交渉を重ね、 同ミュージアムへと寄贈されることになった。

54年ぶりにドイツへと里帰りした「フォルクスワーゲン タイプ1コンバーチブル」

寄贈に至ったストーリーを楽しめるストーリーを公開

今回、廣野幸誠氏は大阪から愛知県豊橋市のVGJ本社まで家族を伴い、自らステアリングホイールを握って250kmのラストドライブを行っている。そして、無事VGJのティル・シェア社長にタイプ1コンバーチブルを届け、登録書類など一式を引き渡した。従業員一同も、廣野氏の家族に花束を贈って歓迎している。

今回、ジャーナリストの金子浩久氏が、大阪からのラストドライブに同行。廣野氏はどのようなキッカケでタイプ1コンバーチブルを購入し、どのような思いを持って乗り続けたのか。そして、なぜミュージアムに寄贈したいと考えるようになったのか。また、それを引き 継いだ幸誠氏はどんな行動を取ったのかなど、幸誠氏へのインタビューも行われている。

ウォルフスブルグのミュージアムに寄贈されることになった経緯も綴られた、読み応えたっぷりのストーリーは、下記のフォルクスワーゲン公式サイトで公開されている。