【気になる一言】今季初ポールのフェルスタッペン「右手が太ももに引っかかった」と珍しいハプニングを語る

 2020年F1第17戦アブダビGPで、今シーズン初めてのポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。しかし、予選Q1からQ3までの6回のアタックは、常に順調だったわけではない。

 まず最初のハプニングはQ1の1回目のアタックで起きた。新品のソフトタイヤでアタックを開始したフェルスタッペンは、6コーナーを立ち上がって7コーナーへ向けてステアリングを右へ切ろうとした瞬間、ステアリングを握っていた右手が一瞬離れてしまう。

「右手が太ももに引っかかってしまったんだ」

 そのため、1回目のアタックはチームメイトのアレクサンダー・アルボンより遅い1分36秒807と、全体で10番手前後のタイムに終わってしまう。

 フェルスタッペンによれば、このようなことは「今まで経験したことがない珍しいハプニングで不運だった」と言う。

 ただし幸いだったのは、ピットインをせず、もう1度アタックできる燃料を搭載していたことだった。

 ERSを充電するため、1周のチャージラップをはさんで行った2回目のアタックで1分35秒993をマークしたフェルスタッペンは、2番手でQ2へ進出した。

2020年F1第17戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第17戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 Q2で右手が太ももに引っかかることはなかったが、今度はセットアップに問題があったようで、1セット目のミディアムタイヤでのアタックは、「セクター3で(リヤ)タイヤが完全に終わっていた」ため、1分36秒236という不本意なものとなった。

 そこで、フェルスタッペンとレッドブル・ホンダは2セット目のミディアムタイヤを投入することを決断。さらにレギュレーションで許されている範囲で「セッティングを少し変更して」、再びコースイン。

「若干良くなった」フェルスタッペンは、1分35秒541をマークして3番手でQ3へ進出した。

「Q3はそんなに悪くなかった」と言うフェルスタッペンは、ハプニングに見舞われることなくQ3で2回のアタックをやり遂げ、ポールポジションを獲得した。

「このサーキットは本当にたくさん(21)のコーナーがあるからミスをしやすいんだ。ちょっとシンガポールに似ているかもしれない。だからミスをしないように気をつけた。すべての区間をうまくまとめることができて、いいアタックだったと思う」と、フェルスタッペンは今シーズン初となるポールポジションラップを振り返っていた。

2020年F1第17戦アブダビGP ポールポジション獲得をチームと喜ぶマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第17戦アブダビGP ポールポジション獲得をチームと喜ぶマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第17戦アブダビGP予選トップ3記者会見 ポールのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第17戦アブダビGP予選トップ3記者会見 ポールのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)