550馬力のエンジンにゴールドボディを持つ超ゴージャスなトヨタ スープラ「GR550」登場

■MANHART最新チューンは、前作GR450超えハイパワー

ドイツを拠点とする人気チューニングメーカー「MANHART」(マンハート)は、トヨタ「スープラ」をベースとした最新カスタムカーを初公開しました。

トヨタ スープラ_001
マンハート スープラ GR550

BMWのチューニングを専門とするマンハートは、2020年のはじめにスープラベースの「GR450」を発表していますが、今回はさらにグレードアップした「GR550」にカスタマイズしました。

トヨタ スープラ_004
マンハート スープラ GR550

心臓部には、3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載。アップグレードしたターボチャージャー、カーボンファイバー製エアインテーク、最適化されたECUが装備されるほか、新設計されたチャージパイプ、高性能ラジエター、そしてド派手なエキゾーストサウンドを奏でる排気システムをインストールしています。

これらアップグレードにより、最高出力は「GR450」の450psを大きく超える550ps、最大トルクは650Nmから770Nmへ進化を遂げています。

アップグレードされた2021トヨタ スープラ3.0では、最高出力387ps・最大トルク499Nmを発揮、0-100km/h加速3.9秒のパフォーマンスを誇りますが、GR550では、0-100km/h加速3.0秒から3.4秒の数値を叩き出す可能性を秘めています。

極限までローダウンされたボディのエクステリアは、輝くゴールドのラップに、ブラックとレッドのアクセントを入れ、ACシュニッツァー製フロントスポイラーを装着、かなりアグレッシブな出で立ちです。またエアロサイドスカート、足回りには、H&Rローダウンスプリング、マンハートのロゴ入りサテンブラック仕上げの20インチホイールで仕上げられています。

価格は未発表ですが、スープラファンには垂涎のチューニングカーとなりそうです。

(APOLLO)