マツダ・ロードスター、RFに「ピュアホワイト」のインテリアカラーとボディカラーの「ディープクリスタルブルーマイカ」を新設定【新車】

■Brembo社製ブレーキ、専用アルミホイールを備えた「RS White Limited Selection」を期間限定で設定

日本が誇る2人乗りオープンスポーツであるマツダ・ロードスター、ロードスター RFが2020年12月10日に一部改良を受けました。

ロードスターは、名車のヴィンテージイヤーといえる1989年に初代NA型が誕生して以来、現行NDの4代に渡って110万台以上を販売してきました。

マツダ・ロードスター
マツダ・ロードスターの「RS White Limite Selection」

今回の商品改良では、エクステリアカラー、インテリアカラーが新たに追加され、幌とボディ、インテリアのカラーコーディネイトの選択肢が拡大。オープンモデルらしい楽しみが広がります。インテリアでは、新色の「ピュアホワイト」を設定。

マツダ・ロードスター
「White Selection」のインテリア

滑らかな触感で上質さが際立つナッパレザーの内装が特徴で、明るいトーンでより開放感を高めた車内を享受できます。「ロードスター」は、「S Leather Package White Selection」(S レザーパッケージ ホワイトセレクション)、「ロードスター RF」は、「VS White Selection」(VS ホワイトセレクション)が「ピュアホワイト」の内装色になります。

ボディカラーでは、深みのある透明感と鮮やかさを両立し、エレガントさを際立たせるという「ディープクリスタルブルーマイカ」が新設定されています。

マツダ・ロードスター
新インテリアカラーの「ピュアホワイト」

さらに、「ピュアホワイト」のインテリアに加えて、走りの楽しさを高める、Brembo社製ブレーキ、RAYS社製アルミホイール(ソフトトップモデル)、BBS社製アルミホイール(リトラクタブルハードトップモデル)が用意され、エレガントさとスポーティさが調和した「RS White Limited Selection」が2021年3月31日までの期間限定で販売されます。なお、同モデルの台数制限はありません。

ほかにも、ロードスター、ロードスター RFの装備が追加されています。両モデル共に「RS」の装備に加えて、ピュアホワイトシート(ナッパレザー)、 Brembo社製フロントブレーキを装備。ロードスターにRAYS社製の鍛造16インチアルミホイール、ガラス製リヤウィンドウ付ソフトトップ(クロス・インシュレーター付)が備わり、ロードスター RFには、BBS社製鍛造17インチアルミホイールが用意されます。

マツダ・ロードスターRF
マツダ・ロードスターRFの「RS White Limite Selection」

価格帯は、ロードスターが260万1500円~361万5700円。ロードスター RFは、343万9700円~418万2200円となっています。

今回の一部改良で加わった「ピュアホワイト」のインテリアや新ボディカラーの「ディープクリスタルブルーマイカ」により、カラーにこだわる層にアピールする仕様になりそうです。

(塚田 勝弘)