SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.が2021年の体制発表。4名のライダーを起用して全日本ロードとMFJカップJP250に参戦

 12月11日、全日本ロードレース選手権とMFJカップシリーズJP250クラスに参戦した『SDG Mistresa RT HARC-PRO.』が2021年シーズンの参戦体制を発表した。来季はチーム名を『SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.』へと変更してST1000クラスに榎戸育寛、ST600クラスに千田俊輝、J-GP3クラスに成田彬人、MFJカップJP250クラスに赤間清を起用する。

 2021年もハルク・プロはMuSASHi RT HARC-PRO.とSDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.の2チーム体制で全日本ロードに参戦。昭和電機株式会社がサポートしている『SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.』は4人のライダーが各クラスでしのぎを削ることになった。

2020年全日本ロードJ-GP3クラス:成田彬人(Team P.MU 7C MIKUNI)
2020年全日本ロードJ-GP3クラス:成田彬人(Team P.MU 7C MIKUNI)
2020年全日本ロードJ-GP3クラス:千田俊輝(SDG Mistresa Jr. Team)
2020年全日本ロードJ-GP3クラス:千田俊輝(SDG Mistresa Jr. Team)

 2020年は榎戸が新設のST1000クラスに参戦してランキング5位。ST600クラスには埜口遥希が加入しランキング14位、MFJカップJP250クラスに赤間が参戦。来季はST1000クラスに榎戸、MFJカップJP250クラスに赤間が継続参戦。J-GP3クラスに成田、ST600クラスに千田が加わることになった。

 本田重樹監督は「SDG Mistresa RT HARC-PRO.の2020シーズンはST1000クラス、およびST600クラスに参戦し、厳しいコロナ禍の中で、一定の成績、そして一定のインパクトは得られたと思います」と述べた。

「2021シーズンはチーム名もSDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.となり、ライダー体制はチームのコンセプトである『企業スポーツ』に則り、社員ライダーの榎戸育寛選手が継続してST1000クラスに参戦。同じく社員ライダーの成田彬人選手がJ-GP3クラスに参戦します。それに加え、2020シーズンはMistresa Jr. TeamからJ-GP3クラスへ参戦した千田俊輝選手をトップチームに引き上げ、ST600クラスに抜擢。3台体制で2021シーズンを戦います」

「3クラスを戦うことによって、応援してくださる皆様、昭和電機株式会社社員の皆様へのインパクト、さらには士気高揚する大きなものを得ていただけるのではないかと考えています。レースは結果が大事ですが、結果だけではなく、そこに至るプロセスも非常に重要なものとなります。普段企業で業務を行いながら、そうしてレースに参加するプロセスは、企業スポーツとしてもっとも大切な部分となります」

「レースを通じて人としての成長を促していくという企業スポーツの理念を、柏木社長始め社員の皆さんの理解を得て遂行できることは、私ども運営サイドにとっても大変意義のあることだと考えています。来年も皆さんの応援に応えるべく、全力で戦う覚悟でいます。応援、宜しくお願いいたします」

2021年は全日本ロードST1000クラスに参戦する榎戸育寛(SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.)
2021年は全日本ロードST1000クラスに参戦する榎戸育寛(SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.)

■榎戸育寛/ST1000クラス
「2021シーズンも今年と同じ体制で走ることになりました。2020シーズンは出だしのテストは順調だったのですが、その後のテストで転倒して怪我してしまい、その後のテストはキャンセル。ライバルはどんどん進化していくのに対し、自分は立ち止まった状態が続き、それが結果的に焦りを生んでレースウイーク中の転倒に繋がってしまったと反省しています。でもそうした苦しい中でも掴んだものは多く、それが必ず2021シーズンには結果に結び付けられるという手応えがあります」

「ST1000クラスへの参戦2年目になりますし、1000ccマシンの走らせ方、タイヤの使い方もだいぶ理解できたので、それをしっかり2021シーズンには見せていきたいと思います。今年はシリーズがキャンセルになってしまってまったく走れませんでしたが、アジアロードレース選手権のASB1000にも参戦予定ですので、全日本ロードだけでなく、ARRCでの走行経験も得られるので、それは自分にとって大きなアドバンテージになるのではないかと楽しみにしています。スピード、勝ちにもこだわりますが、何よりもシリーズチャンピオン、ここにしっかり焦点をおき、頑張ります。2021シーズンも応援、宜しくお願いいたします」

2021年は全日本ロードJ-GP3クラスに参戦する成田彬人(SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.)
2021年は全日本ロードJ-GP3クラスに参戦する成田彬人(SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.)

■成田彬人/J-GP3クラス
「自分のレース人生を考えたとき、そこに集中できる環境は昭和電機株式会社にあるという結論に至り、柏木社長にお願いして2020年3月から社員としてお世話になることになりました。2020シーズンは前年もお世話になっていた7CさんからJ-GP3クラスに参戦。充実した体制でシリーズランキング3位を獲得することができました」

「そして2021シーズンは昭和電機株式会社が全面支援するSDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.からJ-GP3クラスに参戦することが決まり、本当に嬉しく思います。チームはJ-GP3クラスからJSB1000クラスまで戦う国内トップチームですし、自分の頑張り次第で新たな可能性を切り開ける、ライダーとして最高の環境だと感じています。そうした環境の中で2021シーズンはしっかり一つ一つ積み上げ、結果を残し、名門チームのJ-GP3ライダーとして相応しいと皆さんに言っていただけるレースをしたいと考えています。応援、宜しくお願いいたします」

2021年は全日本ロードST600クラスに参戦する千田俊輝(SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.)
2021年は全日本ロードST600クラスに参戦する千田俊輝(SDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.)

■千田俊輝/ST600クラス
「2020シーズンはMistresa Jr.Teamから全日本J-GP3クラスにフル参戦し、ランキング10位となりました。ミスの多いシーズンとなってしまいましたが、ハルク・プロのスタッフの皆さんにサポートしていただき、今まで転倒の多いレースを繰り返してきましたがそれもほとんどなくなり、最終戦の鈴鹿で2分19秒269と18秒台が見えるところまでタイムを詰めることができました」

「転倒してしまった開幕戦も予選は4番手で、それが自分のミスによって結果に繋げられなかったのは悔しいし反省しています。2021シーズンはSDG MOTORSPORTS RT HARC-PRO.からST600クラスに参戦することになりました。チームからこの話を聞いたとき、とてもワクワクしました。激戦クラスですし、フロントからグリグリと曲がる600のトップライダーの走りはカッコいいと、コースサイドで見て思っていました。早くそんな走りをしてトップ争いに加わりたいと思います」

「このシーズンオフもしっかりトレーニングし、600が乗りこなせる体力を付け、新シーズンのテストに臨めるようにしたいと思います。宜しくお願いいたします」

■赤間清/MFJカップJP250クラス
「コロナ禍で大変な状況のなか、自分にとってレース歴35周年となる新たなシーズンを迎えられることにスポンサー企業様を始め、関係者各位には感謝の言葉しかありません。 らに進歩するべく向上心をもって新シーズンに挑みたいと思います。応援よろしくお願い致します」