フェラーリF1代表ビノット、体調不良でアブダビGPを欠席。ベッテルを見送れず

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、体調不良のため、2020年F1最終戦が開催されるアブダビへの移動を取りやめた。COVID-19による不調ではないということだ。

 ビノットは前戦サクヒールGPが開催されたバーレーンにおいて体調を崩したため、アブダビに移動するのをやめ、イタリアに帰国することを決めた。

 今シーズンのハードスケジュールのなかで、ビノットは2021年に向けた準備に集中するため、トルコGPとバーレーンGPを欠席した。続くサクヒールGPには姿を見せており、当初はアブダビGPにも出席する予定だった。

 これまで欠席したグランプリ同様アブダビでも、スポーティングディレクターであるローレン・メキースが、ビノットに代わり、現場の指揮を取ることになる。

 ビノット代表は、セバスチャン・ベッテルにとってフェラーリでの最後のレースを現場で見守ることなく、シーズンを終えることになった。

2020年F1第17戦アブダビGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がコース下見
2020年F1第17戦アブダビGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がコース下見

 4度のチャンピオンとして2015年にフェラーリに加入したベッテルは、この年ランキング3位を獲得、2017年と2018年はランキング2位だったものの、今年はフェラーリ自体の低迷により苦しいシーズンを送ってきた。さらにチームメイトのシャルル・ルクレールより成績が下回ることが多く、最終戦を前にした段階で、ルクレールは98点を獲得しているのに対し、ベッテルは33点にとどまり、65ポイントという大差がついている。

 ベッテルは、2021年にはアストンマーティン(現レーシングポイント)に移籍し、新たなスタートを切る。一方、フェラーリは、ベッテルの後任として現在マクラーレンに所属するカルロス・サインツJr.を迎え入れる。