「MAX織戸プレゼンツのイベントが楽しすぎた!」クルマ好き同士の新たなコミュニティに潜入取材

「MAX織戸プレゼンツのイベントが楽しすぎた!」クルマ好き同士の新たなコミュニティに潜入取材

ゆるく、楽しく、クルマを語り合う会

「MAX ORIDOハコネパラダイス」に限定100台の織戸ファミリーが集結!

MAX織戸主催のスペシャルイベント「MAX ORIDO ハコネパラダイス」が、12月6日(日)に“バイカーズパラダイス南箱根”で開催された。

52歳を過ぎた現在も、現役で走り続けるレーシングドライバーのMAX織戸。その活動範囲はレースだけに留まらずチューニング界を含めて幅広い。そんな男が「ファンとゆるく濃く最高の時間を楽しみたい」という思いから企画したファンイベント、参加定員は100台限定だったものの募集開始から間もなく枠が埋まってしまったという。

イベント当日は、MAX織戸が参加者のクルマをチェックしていきながらオーナー達と交流。屋内の会場ではトークショーやじゃんけん大会が行われ、終日、MAX織戸と楽しめるコンテンツに参加者からも喜びの声が多々聞こえた。

また、イベント参加車両を対象にした“MAX織戸が選ぶ最高の1台”企画では、該当車両のオーナーにVOSTOK EUROPE(ボストークヨーロッパ)社の“織戸学レーシングドライバー30周年オリジナル腕時計”をMAX織戸みずからがプレゼント! 発売まもないモデルだけに、手にしたオーナーは大喜びだった。

イベント終盤には、最近メディアにも度々登場しているMAX織戸の娘さん(織戸茉彩さん)とマイガレージを展開する雨宮氏が中心となって、本人に内緒で52歳の誕生日を祝うサプライズ企画を実行。スープラ仲間からのケーキプレゼントや、縁の深い面々からのメッセージがモニターに流されたのだ。

ちなみに、このイベントはスマホアプリ“マイガレージ”がフル活用されており、受付時に参加者全員に名札とクルマ用ラベルをその場で印刷、MAX織戸の元に集まった参加参加者同士の交流もサポート。ユーザー投票もアプリ内で行われていた。

マイガレージは無料登録が可能で、会員数は現在5000名前後とのこと。イベント運営をスムーズに、かつより綿密に制御できるこのアプリは、今後カーイベントの在り方を変える存在になるはず。興味あるクルマ好きは登録してみてはいかがだろうか。

「最高の天気の中で、富士山のパワフルさをバックに想像以上に楽しい時間を過ごせた。こんな時期ですが、参加された皆様の笑顔が最高でした! そしてサプライズの感激プレゼントも嬉しかったです! 今後も定期的にやっていきたいと思った。やっぱりクルマは最高だよ!」とはMAX織戸。

日本を代表するレーシングドライバーとマイガレージの次なる一手に期待したいところだ。

取材イベント:MAX ORIDO ハコネパラダイスinバイカーズパラダイス南箱根
PHOTO:Yusuke KOBAYASHI

【関連サイト】

MAX ORIDO RACING
http://maxorido.com/archives/2515