F1アブダビGP木曜会見(3):「あらゆるメディアから距離を置いた」ボッタス、精神的にリセットし最終戦へ

 ルイス・ハミルトンが欠場した前戦サクヒールGPで、優勝するチャンスがあったにもかかわらず、レースでは常に新たにチームメイトとなったジョージ・ラッセルの後塵を拝したバルテリ・ボッタス(メルセデス)。最終的に8位に終わったレース後、ボッタスはいつも違う対処を行ったという。

「これまでの経験から、今回はそれを行う必要があると感じたんだ」と言うボッタスがとった行動は、メディアから離れることだった。

「あらゆるメディアから距離を置いた。どのニュースの記事も読まなかっただけでなく、見出しすら1行も見なかった。さらにソーシャルメディアの類もすべてブロックした」

 こうすることで、ボッタスは第17戦アブダビGPに向けては、いつもと変わりなく準備が整ったという。

「あまりいいレースができなかったとき、次のレースにそれを引きずらないように、精神的にリセットする必要があるんだ。ドライバーによってやり方は異なり、僕はメディアとの距離をとることだった」

 メディアを遠ざけることで厄払いしたかったのは、サクヒールGPの不運だけが理由ではない。

「イモラ(第13戦エミリア・ロマーニャGP)から不運が続いているんだ。最後に表彰台に乗ったのがいつだったか忘れてしまったよ」

 ボッタスが最後に表彰台に上がったのは、その第13戦エミリア・ロマーニャGPだった。その後、3戦は8位が2回、ポイント圏外が1回というメルセデス・ドライバーとしては寂しい成績が続いている。

 ボッタスといえば、今年の第10戦ロシアGPでは今季2勝目を挙げてウイニングラップを走行しているときには、無線で「僕のことを批判していたヤツらへ、見やがったか!」と叫んだほどだった。

 果たして今週末を終えた後、再び悪態をつくのか。それとも再びメディアとの距離をとるのか。いつも以上にナーバスになっている状態素でボッタスの2020年最終戦が始まる。

バルテリ・ボッタス&ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2020年F1第16戦サクヒールGP バルテリ・ボッタス&ジョージ・ラッセル(メルセデス)
バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)