僅か5秒で防犯対策! え、シートベルトバックルに差し込むの!? HORNET初のメタルワイヤー式ハンドルロック登場!|セキュリティ カスタム

硬いのに柔軟性があるメタルワイヤーを採用し
目に見える抑止力で高い防犯効果が期待できる

KATO-DENKI/加藤電機
HORNET ハンドルロックLH-3SR

HORNET_ハンドルロックLH-3SR_装着イメージ

カーセキュリティ「HORENET」や「VAIPER」、セキュリティ専門店「セキュリティラウンジ」を展開する加藤電機から、「HORNET」ハンドルロックシリーズ初となるメタルワイヤー式の「HORNETハンドルロック LH-3SR」が発売された。

一般社団法人日本損害保険協会による自動車盗難事故実態調査、盗難件数の結果では、車両盗難のおよそ74.1%が自宅や契約駐車場など屋外で発生しており、屋外駐車場が狙われやすい傾向があるという。

自動車盗難防止のため、複数の盗難防止手段を講じることを警察庁も推奨していて、イモビライザーの装着やセンサー式カーセキュリティシステムと一緒に使用することで、より高い防犯性と抑止力を期待できる“メタルワイヤー式”のハンドルロックの販売となった。

メタルワイヤーは硬いのに柔らかいという材質で、簡単に切断することができない。

窃盗犯は時間がかかることを嫌がる傾向があるため、高い防犯効果を期待できる。

取り付けはハンドルにワイヤーを通して、シートベルトバックルに差し込むだけ。

エンジン停止時にハンドルをロックしてから装着することで、さらなる防犯効果が得られる。

専用キーはピッキングされにくい内溝タイプを採用。

特殊合金製ハンドルロックと比べて約78%も軽く、柔軟性も高いため、折りたたんでコンパクトに収納することも可能だ。

HORNET_ハンドルロックLH-3SR_単品

防犯性の高い、ピッキングされにくい内溝タイプの専用キーを3個付属。複製できないので、紛失しないようにしっかり保管しよう。

HORNET_ハンドルロックLH-3SR_クローブボックス収納

軽量でしかも柔軟性があるので、折りたたんで手軽に収納することが可能。グローブボックスに入れて使用するときにもすぐ取り出せる。

HORNET_ハンドルロックLH-3SR_クリーニングクロス

HORNETのロゴが入れられるクリーニングクロスを付属。車内清掃だけでなく、本製品とステアリングの接触する部分の保護としても利用できる。

HORNET_ハンドルロックLH-3SR_セット&解除方法

セット方法はステアリング内側にメタルワイヤーを通し、ロック部をセンターのワイヤーリングに入れる。ロック部をシートベルトバックスにカッチと音がするまで差し込む。解除方法は専用キーを差し込み、押し込みながら回るとロックが外れる、ロック部を先端のワイヤーリングに通しステアリング内側から抜く。

【PARTS SPECIFICATION】

●商品名:HORNETハンドルロックLH-3SR
●価格:オープン価格(参考価格:6578円/税込)
●全長:約69cm
●ロック部:約10.4×5.8×4.8cm(突起部除く)
●重量:約0.4kg

※シートベルトの取り外しスイッチがバックルの差し込み口の上部にある車種に利用できる。シートベルトのバックスのサイズが50×40mm以下、差し込み口が厚さ2.0mm以上、長さ22mm以上に当てはまらない場合は装着できません。

問:加藤電機
http://www.kato-denki.com

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]