エクストリームE:ニコ・ロズベルグ率いるRXR、元豪州ラリー王者のモリー・テイラーを起用

 2021年3月開幕を予定する電動ワンメイクSUVによるオフロード選手権『Extreme E(エクストリームE)』。その新シリーズに参戦する計画の元F1王者ニコ・ロズベルグ率いるロズベルグ・エクストリーム・レーシング(RXR)は、WorldRX世界ラリークロス選手権3冠王者ヨハン・クリストファーソンに続き、女性ドライバーに元オーストラリア・ラリー選手権チャンピオンであるモリー・テイラーの起用を発表した。

 また、初年度に採用されるワンメイク電動SUV『ODYSSEY 21(オデッセイ21)』が、開幕を控えて初めて北米にもデリバリーされ、名門チップ・ガナッシ・レーシング(CGR)やアンドレッティ・ユナイテッドらがプライベート・シェイクダウンを済ませている。

 現役F1王者ルイス・ハミルトンのチーム設立に続き、元僚友のロズベルグも参戦を表明して話題となったRXRは、WorldRXチャンピオンのチームメイトにステージラリーで随一の実績を残してきたテイラーの抜擢を決めた。

 現在32歳のテイラーは、2013年にERCヨーロッパ・ラリー選手権のレディス・チャンピオンを獲得すると、2014年にはWRC世界ラリー選手権のジュニアWRCクラスに参戦し、ラリー・フィンランドで表彰台を獲得。

 2015年には地元オーストラリアの国内選手権で総合ランキング2位につけると、翌年にはオーバーオールでシリーズを制し、同選手権初の女性チャンピオンとなった。

 その後も2019年まで毎年のように豪州選手権でタイトル争いを繰り広げたテイラーは、2019年に創設されたTCRオーストラリア・シリーズにも挑戦し、ケリー・レーシングのスバルWRX STI TCRでサーキット・ドライビングの経験も積んできた。

 近年は“FIA Girls on Track”のアンバサダーも務めるテイラーは、この独創的なオフロード・シリーズ参戦に向け「再び国際舞台で戦うことができ、まったく新しいチームとシリーズに参戦できることにとても興奮している」と、意気込みを語った。

「シリーズの目指すコンセプトに賛同し、気候変動と戦うとともにジェンダーの平等を促進するため、チームや仲間たちと協力できることにワクワクしている。私は兼ねてから発言してきたように、モータースポーツの大好きな部分として、ヘルメットを被れば性別はまったく無関係になり、ストップウォッチは決して偏見を抱かないことが気に入っているの」と続けたテイラー。

「私たちの業界で多様性を改善するため、やるべきことはまだたくさんある。でもRXRとエクストリームEの努力は、若いファンの目に私たちのスポーツのイメージを再形成する新しい機会をもたらすはず。そして、その一部として働けることをとても楽しみにしているわ!」

シリーズの制定したドライバーズ・プログラムのリストにも名を連ねていたモリー・テイラー。WorldRX王者とのペアという強力なラインアップに
シリーズの制定したドライバーズ・プログラムのリストにも名を連ねていたモリー・テイラー。WorldRX王者とのペアという強力なラインアップに
名門Chip Ganassi Racingにデリバリーされた『ODYSSEY 21』をシェイクダウンした、サラ・プライスとカイル・ルデュック
名門Chip Ganassi Racingにデリバリーされた『ODYSSEY 21』をシェイクダウンした、サラ・プライスとカイル・ルデュック

■「グリッドで最も競争力のある組み合わせ」とロズベルグ

 そしてクリストファーソンに続き、テイラーを指名したRXR創設者兼CEOのロズベルグも、彼女の決意を「称賛し、その才能にとても期待している」と語った。

「彼女のように才能溢れたドライバーをチームに迎えるのは、いつだってエキサイティングだ。チームのスピリットを後押ししたいという熱意は本物で、ヨハンとのタッグはグリッドで最も競争力のある組み合わせだと確信している。彼女たちとチームにどんなことができるか、それを見るのが待ち切れないよ」

 そのファーストシーズンを4カ月後に控え、北米を代表するトップチームのCGRは、有名なインディアナポリスのワークショップにオデッセイ21のデリバリーを受け、ABBフォーミュラE選手権でもシリーズ創生期に技術開発を担当したスパーク・レーシング・テクノロジーズ(SRT)と、ウイリアムズ・アドバンスド・エンジアリング(WAE)が設計・製造を担った電動SUVの性能を確認すべく、12月初旬にネバダ州の砂漠地帯でシェイクダウンを実施した。

 オデッセイ21が北米大陸に上陸したのはこれが初めてのことであり、CGRのドライバーに起用されたサラ・プライスとカイル・ルデュックが、ともにステアリングを握った。

「今回のシェイクダウンは成功ね。私には馴染みのあるデザートコースだったけど、クルマはまったく未知の感触だった。でも私はチームと、この“エレクトリック・ビースト”を学ぶのに有意義な時間を過ごすことができた。プログラムの成功に向けてメンバー全員が協力しているし、2021年の開幕が待ち遠しいわ」

 一方、その宿敵として長年アメリカン・モータースポーツを牽引してきたアンドレッティ・ユナイテッドは、CGRとは対照的に寒くマディなウェールズで初走行を実施し、ERCレディス・トロフィー覇者のケイティ・マニングスと、2019年WorldRX王者ティミー・ハンセンがマシンをシェアした。

「ティミーと再び仕事ができ、本当に素晴らしい経験になった。彼は非常に多くの経験とレースクラフトを持っていて、私の学習プロセスにとって貴重な時間になったわ。ドライビングを比較するデータが手にできたのは素晴らしいことで、クルマをより深く理解する手助けになった」とマニングス。

 シリーズは今後、12月下旬にもスペインのモーターランド・アラゴンに参戦チームを招いて合同テストを実施する予定。その最初のシーズンは、2021年3月20~21日にサウジアラビアの“X-Prix”で幕を開ける。

寒くマディなウェールズで初走行を実施したAndretti Unitedのシェイクダウンには、ケイティ・マニングスとティミー・ハンセンが参加した
寒くマディなウェールズで初走行を実施したAndretti Unitedのシェイクダウンには、ケイティ・マニングスとティミー・ハンセンが参加した
「彼女の速さと的確なフィードバックに感銘を受けた」と、WorldRX王者から称賛を得たケイティ・マニングス
「彼女の速さと的確なフィードバックに感銘を受けた」と、WorldRX王者から称賛を得たケイティ・マニングス