『マツダ・ロードスター』が商品改良。ホワイトインテリアに加えブレンボブレーキを装備した限定車も登場

 12月10日、マツダは小型オープンスポーツカーの『ロードスター』および『ロードスターRF(リトラクタブルハードトップモデル)』を一部改良し、同日より発売を開始すると発表した。

 マツダ・ロードスターは1989年に初代モデルがデビューして以来、現行モデルのND型という4代にわたって進化を続けており、マツダが世界に誇る小型オープンスポーツカーだ。

 そんな4代目ロードスターが商品改良を受け、12月10日より発売が開始されている。今回の改良では、4代目モデルの『人生を楽しもうー“Joy of the Moment, Joy of Life”』というコンセプトをさらに深め、オーナーの人生がより輝くものになることを目指し、新たな内外装色が追加された。

 ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル共通で、ボディカラーには深みのある透明感と鮮やかさを両立した『ディープクリスタルブルーマイカ』が用意され、ロードスターが持つエレガントさをさらに際立たせる。

 そして、滑らかな触感で上質なナッパレザーの内装に新色『ピュアホワイト』をインテリアカラーに採用した新グレード『White Selection(ホワイト・セレクション)』も設定された。このインテリアカラーでは、明るいトーンでより解放感を高めた空間を演出するという。

マツダ・ロードスター『ホワイト・セレクション』のインテリア
マツダ・ロードスター『ホワイト・セレクション』のインテリア

 改良を受けたロードスターの価格はソフトトップモデルが260万1500円~339万4600円(消費税込)、リトラクタブルハードトップモデルは343万9700円~418万2200円(消費税込)となっている。

 また、ピュアホワイトの内装に加え、走りの楽しさを高めるブレンボ社製ブレーキなどを装備した『RS White Limited Selection(RSホワイト・リミテッド・セレクション)』が2021年3月31日までの期間限定で登場する。

 この期間限定モデルはハンドリングを訴求する“RS”をベースに、足回りにビルシュタインダンパーを装着、さらにソフトトップモデルにはレイズ、リトラクタブルハードトップモデルにはBBSの鍛造アルミホイールが奢られ、走る楽しさとエレガントさを調和させたモデルだ。

 この期間限定モデルの価格はソフトトップモデルが361万5700円(消費税込)、リトラクタブルハードトップモデルは418万2200円(消費税込)となっており、2020年12月10日~2021年3月31日まで注文を受け付け、台数限定はないとのこと。

 マツダ・ロードスターの商品改良、車両の詳細についてはマツダの公式ホームページをチェックしてほしい。
・ロードスター:https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/
・ロードスターRF:https://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/

マツダ・ロードスターRF『RSホワイト・リミテッド・セレクション』/ボディカラー:ディープクリスタルブルーマイカ
マツダ・ロードスターRF『RSホワイト・リミテッド・セレクション』/ボディカラー:ディープクリスタルブルーマイカ
マツダ・ロードスター『RSホワイト・リミテッド・セレクション』
マツダ・ロードスター『RSホワイト・リミテッド・セレクション』
マツダ・ロードスター『RSホワイト・リミテッド・セレクション』
マツダ・ロードスター『RSホワイト・リミテッド・セレクション』
マツダ・ロードスターRF『RSホワイト・リミテッド・セレクション』のBBS製アルミホイール
マツダ・ロードスターRF『RSホワイト・リミテッド・セレクション』のBBS製アルミホイール