アプリリア、100馬力を発揮する並列2気筒エンジン搭載の『RS 660』を発売。受注は12月8日から開始

 12月8日、ピアッジオグループジャパン株式会社はアプリリアRS 660を全国のアプリリア正規販売店にて発売することを発表した。また、12月8日より受注を開始することも明かしている。

 アプリリアRS 660は、2018年に開催されたミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で『コンセプトRS 660』として発表され、翌年のEICMA2019では市販モデルが正式に公開された。

ミサノでアプリリアRS660をテストするブラッドリー・スミスとロレンツォ・サバドーリ
ミサノでアプリリアRS660をテストするブラッドリー・スミスとロレンツォ・サバドーリ

 今年9月にはMotoGPが開催されたミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリでアプリリアのMotoGPライダーたちが試走して、10月から生産が開始されることも明らかになった。

 発売が決定したRS 660は、最高出力は100馬力/10,500rpm、最大トルクは67Nm/8,500rpmを発揮する660cc水冷並列2気筒エンジンを搭載。コンセプトモデルが発表された際にはネイキッドモデルTuono V4やスーパースポーツRS V4 1100 Factoryが搭載する1100ccV4エンジンを元にして生まれたと説明された。

アプリリアRS 660
アプリリアRS 660
アプリリアRS 660
アプリリアRS 660

 また、軽量でありながら高性能で洗練されたデザインと、最先端テクノロジーに基づく新世代のスポーツモデルであり、ストリートやサーキットでスポーティな走りを楽しむことができる。バイクの性能や機能性、快適性の向上を目的とした幅広いアクセサリーパーツもラインアップされている。

 全国のアプリリア正規販売店で発売されるRS 660のカラーバリエーションはエイペックスブラック、ラバレッド、アシッドゴールドの3色で、メーカー希望小売価格は139万7000円(消費税10%込)。受注開始日が2020年12月8日で、2021年5月頃より順次(アシッドゴールドは8月頃より順次)出荷される予定だ。

専用アクセサリーパーツを装備したアプリリアRS 660
専用アクセサリーパーツを装備したアプリリアRS 660

 詳細はアプリリア RS 660 特設サイト(https://aprilia-japan.com/rs660/)まで。