60年前からあるの!?【ダイハツ・ハイゼット】の歩みを紹介する記念サイトを立ち上げ|カーヒストリー

60年間「ハイゼット」シリーズを支えた方へ
感謝を伝える「ハイゼット60周年記念サイト」

ダイハツ「ハイゼット60周年記念サイト」

ダイハツ ハイゼット トラック 商用車

ダイハツ工業の軽商用車「ハイゼット」シリーズは、2020年11月で1960年に初代「ハイゼット」が発売されてから60年を迎えた。これまで60年間「ハイゼット」シリーズを支えていただいたお客様へ感謝を申し上げるとともに、これからもお客様の暮らしに寄り添ったクルマづくりを続けていくという。

現行のハイゼットシリーズは、農林水産業を中心に使用される「ハイゼット・トラック」、配送業や小売業などを中心に使用されている「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットキャディ」の3モデルで構成され、これまでの累計生産台数は約740万台に登る。また、現在の総保有台数は約220万台となり、全国で多くのユーザーに愛用されている。

初代が登場したのは1960年、高度経済成長期の真っ只中で、当時大ヒットしていた軽3輪自動車「ミゼット」に続き、ダイハツ初の軽4輪自動車(360cc)として登場。当時の軽自動車のイメージを刷新する斬新なデザインで、積載性だけでなく、居住性にもこだわり、翌年1961年にはボンネットタイプのバンも発売。ビジネスとレジャーを結ぶニューファミリーカーとして、一家に一台のマイカー時代を支えた。

その後、1964年2代目でキャブトラックとなり、1971年4代目では軽ライトバンで初めてスライドドアを採用。1977年には新規格軽自動車「ハイゼット55ワイド」を発売、当時非常に厳しかった排ガス規制に対応できるAB型550ccエンジンを搭載した。

トラックとは別プラットフォームを採用した現行10代目バンが登場したのは2004年12月。2014年にはトラックも15年ぶりにフルモデルチェンジ。近年注目の“農業女子プロジェクト”に参画し、豊富なカラーバリエーションや従来にない装備を多数採用。現在ではどちらにも予防安全機能「スマートアシスト」が搭載さている。

ダイハツ工業では「ハイゼット」シリーズ60周年を記念した特別なサイトを立ち上げ、日頃から「ハイゼット」シリーズを支えてくれているユーザーへ感謝の気持ちを伝える。


「60年前からあるの!?【ダイハツ・ハイゼット】の歩みを紹介する記念サイトを立ち上げ|カーヒストリー」の1枚めの画像1960年11月に発売された初代ハイゼット。ボンネットタイプのボディに丸目が可愛い。翌年にはボンネットバンタイプも登場した。

▼▼ハイゼット60周年記念サイトはこちら▼▼

1960年11月に発売された初代ハイゼット。ボンネットタイプのボディに丸目が可愛い。翌年にはボンネットバンタイプも登場した。
2代目は1964年に登場。荷台をフルに使えるタイプとしてフロントエンジンのキャブトラックになる。翌年には「ハイゼットカーゴ」の元となるキャブバンタイプが発売。
1971年登場の4代目は、積載性、乗り心地や居住性を向上。翌年には軽ライトバンでは初となるスライド式ドアを採用、利便性を向上させた。
排気量・全長・全幅・全高が拡大された新規格軽自動車「ハイゼット55ワイド」が5代目として1977年に登場。当時、公害問題で厳しい排ガス規制となったが、対応したAB型550ccエンジンを開発。
1991年に実施された軽自動車規格変更に伴って、1994年に登場した8代目。新開発のEF型660ccエンジンを搭載し、快適な走行性能を誇った。
1998年の軽自動車規格変更に合わせ、全長・全幅を拡大して9代目へとフルモデルチェンジ。ハイゼットは「ハイゼットトラック」、バンは「ハイゼットカーゴ」へと名称変更された。
1998年の軽自動車規格変更に合わせ、全長・全幅を拡大して9代目へとフルモデルチェンジ。ハイゼットは「ハイゼットトラック」、バンは「ハイゼットカーゴ」へと名称変更された。
現行の10代目「ハイゼットカーゴ」は2004年にトラックと別プラットフォームとして登場。クラストップのロングホイールベースなどで安全性を向上。「ハイゼットトラック」は2014年に登場。農業女子に向け、豊富なカラーバリエーションや装備を多数採用した。

問:ダイハツ工業 0800-500-0182
https://www.daihatsu.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]