『ジープ・ラングラー』に、ミリタリーテイスト満載の限定車“サージグリーン”登場

 Jeepブランドを代表する本格オフローダー、旗艦『ラングラー』の4ドアモデル『ラングラー・アンリミテッド(Wrangler Unlimited)』に、ブランドのルーツである“ミリタリー”をテーマとした限定車『Wrangler Unlimited Sarge Green(サージグリーン)』が登場。アンリミテッド・サハラと、同ルビコンをベースに計300台が用意され、12月7日より発売開始となっている。

 祖先の『ウィリス(Willys)』時代を含め約80年の歴史を持つSUV専門ブランドのルーツを表現すべく、その起源である“ミリタリー”をテーマに、特別なボディカラーや装備を採用した限定車が登場した。

 ベースとなるのは現代のオフローダーとして最高峰の悪路走破性を誇るラングラーで、快適性を高めた上級グレードのアンリミテッド・サハラ3.6Lと、ラングラーのなかでも際立ったオフロード性能を誇るアンリミテッド・ルビコンの2グレード。前者をベースとした『ラングラー・アンリミテッド・サージグリーン』が200台限定、後者は100台限定での上陸となった。

 この限定車のみで、カタログモデルには設定のないボディカラー“サージグリーンC/C(クリアコート)”を採用した同モデルは、独特の深みを持つグリーンのボディが軍用車両として開発された『ウィリスMB』を彷彿とさせるものとなっている。

 一方、内装は両モデルともブラックレザー仕様とされ、ヘビーデューティーでありながら上質さも漂わせる仕立てとされた。

 また、純正ハイパフォーマンス・アクセサリーなどを手掛ける米国Moparチームが日本専用にデザインした“パラシュートマン”のステッカーをフロントフェンダーに貼付し、本格オフローダーを誇示する背面タイヤには、同じく“アーミーマン”やパラシュート降下する『ウィリスMB』をモチーフとしたWillysスペアタイヤカバーが特別装備される。

 ジープのヘリテージをオマージュしつつ『ラングラー』の持つタフな佇まいとミリタリーテイストが調和し、レトロモダンな雰囲気が演出されたこの限定車は、『アンリミテッド・サハラ・サージグリーン』が595万円(税込)、『アンリミテッド・ルビコン・サージグリーン』が631万円(税込)となっている。

快適性を高めた上級グレードの”アンリミテッド・サハラ3.6ℓ(写真)”と、ラングラーのなかでも際立ったオフロード性能を誇る”アンリミテッド・ルビコン”の2グレードを用意
純正ハイパフォーマンス・アクセサリーなどを手掛ける米国Moparチームが日本専用にデザインした”パラシュートマン”のステッカーをフロントフェンダーに貼付
本格オフローダーを誇示する背面タイヤには、同じく”アーミーマン”や、パラシュート降下する『ウィリスMB』をモチーフとしたWillysスペアタイヤカバーが特別装備される
『アンリミテッド・ルビコン・サージグリーン』には、電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステムも装備する

公式サイト:https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-sarge-green.html