STC2000第6戦:好調トヨタ勢が表彰台制圧。サンテロ&ロッシのカローラがワン・ツー達成

 2週連続ダブルヘッダー戦となった、アルゼンチン最高峰のツーリングカー選手権スーパーTC2000(STC2000)の第6戦ブエノスアイレスは、土曜クオリファイレースを制したマティアス・ロッシ(トヨタ・カローラSTC2000/TOYOTA GAZOO Racing YPF・インフィニア)に続き、日曜フィーチャーレースはそのロッシを従えたジュリアン・サンテロが今季初勝利を飾り、TOYOTA GAZOO Racingアルゼンティーナのトヨタ・カローラがワン・ツー・フィニッシュを達成。3位にもトヨタのサテライトチーム所属ヴァレンティン・アギーレ(トヨタ・カローラSTC2000/ミーダス・カレラ・チーム)が入り、トヨタ陣営が表彰台を独占した。

 この週末に先立ち、STC2000をオーガナイズするCODASUR(Confederacion Deportiva Automovilismo Sudamericana/南米レース協会)は残る4ラウンドの会場と日程を発表し、予定どおり2021年まで年をまたぐシーズンになることが確定。

 続く第7戦は1月9~10日にコルドバ州のリオ・クアルトで開催され、2週連続開催の第8戦は1月16~17日の週末にパラナで争われることとなった。

 そして最終2戦は同一サーキット連戦でふたたびブエノスアイレスに戻り、2月6~7日と13~14日の日程が確保され、その最初のイベントでは“ナンバー12”と呼ばれる高速レイアウトを使用する。

 同時に、ブエノスアイレスの市議会はこの第6戦の週末で今季初の観客動員を許可し、わずか500人ではあるものの、オスカー・ファン・ガルベスにファンが集うことに。市内でパンデミックが抑え込まれた状況が続く場合は、2月のシーズンフィナーレ2連戦でより多くの集客を許可するとの声明も出された。

 そんな前向きなニュースとともに始まったこの週末は、土曜の予選ヒートでトヨタのロッシが幸先良く勝利を飾り、2位にアグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)、3位にファクンド・アルドゥソ(ルノー・フルーエンスGT)が続いてシリーズのタイトル獲得経験者たちがポディウムを占拠するなど、スタンドのファンたちにアピールする結果となった。

土曜クオリファイレースを制したマティアス・ロッシ(トヨタ・カローラSTC2000/TOYOTA GAZOO Racing YPF INFINIA)が幸先良く勝利し、選手権首位固め
日曜は出遅れたサンテロだが、45周レースの3周目にヘアピンでインを奪うと、早くもリードラップを奪還する

■ライバルの脱落でTGR勢が悠々のワン・ツー・フィニッシュ

 続く日曜フィーチャーレースはサンテロとロッシのカローラ艦隊がフロントロウからのスタートを切り、カナピノとマティアス・ミラ(ルノー・フルーエンスGT)がそれを追う展開に。

 ここで抜群のダッシュを見せた2番手ロッシが僚友を抜き去り首位に浮上し、背後ではルノーがシボレーを出し抜いて3番手に上がってくる。

 しかし持ち前のスピードで逆襲に転じたサンテロは、45周レースの3周目にヘアピンでチームメイトのインを奪うと、早くもラップリーダーの座を奪還。するとその直後7周目に、TCRヨーロッパにも参戦したFDCモータースポーツのホセ-マニュエル・サパーグ(シトロエンC4ラウンジ)がスピンオフし、セーフティカー(SC)の出動となる。

 リスタートで集中力を見せたのがアギーレで、前戦に続き9番グリッドからの発進ながらこの時点で5番手につけていたサテライト・カローラは、再開直後にオーバーテイクを決めて4番手に進出する。

 その後も力強いレースペースを維持したブラックのカローラは、前を行く2016年王者カナピノを追うと、25周目にシボレーを仕留めて表彰台圏内に入ってくる。

 一方、ルノー・スポール・アルゼンティーナのタイトル経験者たちには試練のレースとなり、2017-18王者アルドゥソは38周目にパンクに見舞われて緊急ピットを余儀なくされ、最年長タイトルとなった2019年チャンピオンのリオネル・ペーニャも、この週末に採用された“ナンバー7”レイアウトのタイヤ摩耗に苦しみ、間もなく僚友と同じ運命を辿ることに。

 これで追走するライバルの消えたTGR勢は悠々のチェッカーを受け、サンテロが選手権3位浮上を果たす今季初勝利。2位ロッシ、3位アギーレと、TOYOTA GAZOO Racing YPF・インフィニアのワン・ツーに続き、ミーダス・カレラ・チームがシリーズ初の表彰台を獲得した。

 2020年シーズンのSTC2000は年内でのイベントを終え、そのままウインターリーグ的に年をまたいで第7戦へ。次戦はアナウンスのとおり、1月9~10日にコルドバ州のリオ・クアルトで争われる。

第5戦に続き好調を維持したヴァレンティン・アギーレ(トヨタ・カローラSTC2000/Midas Carrera Team)
TOYOTA GAZOO Racing YPF INFINIAのワン・ツーに続き、Midas Carrera Teamがシリーズ初の表彰台を獲得した