スバル車選出は4年ぶり。スポーツワゴン『レヴォーグ』日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-21受賞

 2020年12月7日、『第41回2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー』の最終選考会がオンラインで開催され、スバルが発売するスポーツツーリングワゴン『レヴォーグ』がイヤーカーに輝いた。スバル車の受賞は、第37回2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した『インプレッサスポーツ/G4』以来、4年ぶりだ。インポーター・カー・オブ・ザ・イヤーには『プジョー208/e208』が選ばれている。

 また、今年度から新たに設定された4部門を受賞したクルマも発表された。4部門の各受賞車は、デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーに『マツダMX-30』、テクノジー・オブ・ザ・イヤーには『アウディe-トロン・スポーツバック』、パフォーマンス・カー・オブ・イヤーには『BMWアルピナB3』、総合的に優れた軽自動車に送られるK CARオブ・ザ・イヤーは『ニッサン・ルークス/ミツビシ eKクロススペース、eKスペース』が選出された。

2020-2021 インポーター・カー・オブ・ザ・イヤーはプジョー208/e208が受賞した
2020-2021 インポーター・カー・オブ・ザ・イヤーはプジョー208/e208が受賞した
デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したマツダMX-30
デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したマツダMX-30

 令和2年、第41回のイヤーカーに選ばれたのは、スバル・レヴォーグだ。レヴォーグは初代が2014年6月に誕生。一世を風靡したレガシィツーリングワゴンの後継に位置付けられるスポーツワゴンだ。
 
 デビュー当初は日本専用とされていたが、その後、欧州や豪州などへ市場を拡大し、世界を舞台に支持を集める人気車種へと成長した。

 現行モデルは2020年10月15日に発表された2世代目。“より遠くまで、より速く、より快適に、より安全に”という、初代から受け継がれるグランドツーリングの価値をキーワードに開発された。

走りのレベルの高さが評価につながったスバル・レヴォーグ
走りのレベルの高さが評価につながったスバル・レヴォーグ

 ボディサイズは全長4755mm、全幅1795mm、全高1500mmと、先代と比べて65mm伸びて、幅は15mm拡大している。

 エクステリアデザインは、スポーティさを表現した新コンセプト『BOLDER』を取り入れたもので、ワイドなヘキサゴングリルや鋭いヘッドランプ、大きく張り出したリヤフェンダーなどが特徴。
 
 インテリアは水平基調の基本デザインは先代を踏襲しながら、アイサイトX搭載車に大画面液晶のセンターインフォメーションディスプレイやメーターを採用するなど、イメージは一新している。

スバル・レヴォーグのインテリア
スバル・レヴォーグのインテリア

 フロントシートは先代以上にホールド性を高めたスポーツシートを採用。座面の形状やバネの特性も変更が施され、運転中に姿勢が崩れにくい設計に進化している。

 ラゲッジルームの容量は通常時で561リッターを確保。先代に比べて39リッター増え、ワゴンとしての価値に磨きをかけている。後席は4対2対4の分割可倒式のワンタッチフォールディング機構を採用。格納すれば、床面はフラットになる。なお、床下には69リッターの大容量収納スペースも用意されている。

■スバル自慢の先進安全装備も性能が大幅向上

 2代目レヴォーグは先進安全装備も飛躍的にレベルが向上している。広角化されたステレオカメラ、前後合わせて4つのレーダー、電動ブレーキブースターなどを採用するなど、衝突回避性能の高さは大きな強みだ。

 また、3D高精度地図データとGPS情報を利用する先進運転支援システム『アイサイトX(エックス)』や11.6インチの縦型センターディスプレイとやフル液晶メーターで構成された先進的なデジタルコクピットなど、最新技術も数多く採用されている。

 パワーユニットは新開発の1.8リッター直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載。最高出力177ps、最大トルク300Nmを発揮するこのエンジンは、従来までの1.6リッター4気筒ターボの後継と位置づけらえれていて、パフォーマンス、燃費ともに先代の数値を上回っている。
 
 駆動方式は全車4WD。グレードはベーシックな『GT』に、充実装備の『GT-H』、スポーティな『STI Sport』の大きく分けて3種類が用意されている。『STI Sport』には、スバル初のドライブモードセレクトが採用された。

 12月7日に行われた2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーで最多437票を獲得したスバル・レヴォーグは、320点を獲得したホンダ・フィット、300点を獲得したトヨタ・ヤリスシリーズとの戦いを見事に制し、第41回目のイヤーカーに輝いている。

 2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーの受賞に際して、新型レヴォーグの商品企画本部の五島賢プロジェクトマネージャーは「新型レヴォーグはスバルが築き上げてきた価値を土台に、先進技術を搭載し、開発しました。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことで、多くの皆さんに新型レヴォーグの良さを届けていきたい」とコメントした。

テクノロジー・カー・オブ・イヤーを受賞したアウディe-tron Sporback
テクノロジー・カー・オブ・イヤーを受賞したアウディe-tron Sporback

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したBMW ALPINA B3
パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したBMW ALPINA B3

K CARオブ・ザ・イヤーには『ニッサン・ルークス/ミツビシ eKクロス スペース、eKスペース』が受賞した
K CARオブ・ザ・イヤーには『ニッサン・ルークス/ミツビシ eKクロス スペース、eKスペース』が受賞した
2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー
2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー