クビアト7位「今シーズンベストの週末。自分のパフォーマンスに大満足」アルファタウリ・ホンダ【F1第16戦決勝】

 2020年F1サクヒールGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは7位だった。

 クビアトは6番グリッドからソフトタイヤでスタート、27周目にミディアムタイヤに交換、その際にダニエル・リカルド(ルノー)のアンダーカットに成功した。しかし53周目にハードタイヤに交換した直後にバーチャルセーフティカーが出動したことが不利になり、7位フィニッシュにとどまった。

2020年F1第16戦サクヒールGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第16戦サクヒールGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト 決勝=7位
 とてもいい週末だった。もっといい結果を望んではいた。でもセーフティカーが出動した時、「タイミングがよくないな」と思ったんだ。とはいえ7位は悪くない結果だよ。

 今日、僕らチームはすべてをうまくこなした。僕は昨日の予選で完璧に走ったし、今日のレースもほとんど完璧な走りをした。自分のパフォーマンスにとても満足している。

 とてもうまく戦えたレースだった。僕にとっては今シーズンベストの週末だったと思う。ペースがよかったし、中団トップに近づいた。一時、カルロス(・サインツJr.)、僕、(ダニエル・)リカルドがコンマ数秒差で走ったが、あれはぎりぎりの戦いで面白かったね。

 価値のあるポイントを持ち帰ることができて最高にうれしいよ。