ガスリー11位「クレージーなレースでチャンスをつかめなかったのは残念」アルファタウリ・ホンダ【F1第16戦決勝】

 2020年F1サクヒールGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは11位だった。

 ガスリーは9番グリッドからソフトタイヤでスタートし、28周目にミディアム、51周目にハードに交換する2回ストップ戦略で走った。レース中盤以降はポイント圏内を走っていたが、終盤にポジションを落とし、11位でレースを終えた。

2020年F1第16戦サクヒールGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第16戦サクヒールGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=11位
 とてもきついレースだった。ペースが足りず、ドライバーとしてやりたいことがうまくできなかった。リヤに苦しみ、オーバーステアがひどかった。それに加えて、バーチャルセーフティカーのタイミングがとても不運だった。

 クレージーなレースだったし、最終的な表彰台を見ると、今日は大きなチャンスがあったのだと思う。その戦いに加わることができなくて残念だった。

 金曜と今日でこれほどの違いが出た理由を知り、何かもっとうまくやれることがあったのかを理解するために、データを調べる必要がある。それによってアブダビでシーズンをいい形で締めくくりたい。