「ストリートチューンドの理想を目指したBNR34令和仕様」刺激と快適性を高次元で両立!

「ストリートチューンドの理想を目指したBNR34令和仕様」刺激と快適性を高次元で両立!

極端なパワーはいらない!徹底したバランス重視のメイキング

2.6Lのままで実現できる快速オールラウンダー仕様!

「走る・曲がる・止まる」の3要素をいかにバランス良く引き上げるかということは、チューニングカーの永遠のテーマだ。秋田県の名チューナー“ツーシステム”が製作したこのBNR34は、それらを高次元でまとめつつ、ストリートでの扱いやすさを徹底重視したハイスペック仕様となる。

エンジンはヘッドにHKSのVカムステップ1を組み込んでいるが、腰下はフルノーマル。基本的には吸排気系のみのライトチューンで、純正EXマニにGTIII-RSタービンを組み合わせてブースト1.0キロ時に470馬力を発生させる。燃料系はサードの850ccインジェクターで強化済み。制御はF-CON Vプロが担う。

インタークーラーはトラスト製。さらにDRLのオイルクーラーをセットするなど冷却系も増大したパワーに合わせて容量アップが行われている。

エキゾーストマフラーには、バルブ付きのHKS製2SXを装備。これは、回転数と車速でバルブを自動制御し、市街地走行では静音、アクセルを踏み込むステージでは最大限の排気性能を引き出すことができるという逸品だ。

足回りはセッティング幅が広いD2スーパーレーシングで構築。リヤにヘルパーを追加して接地性を向上させているのが特徴的だ。ブレーキもD2の6ポットキャリパーシステムを奢る。ホイールは10.5JのボルクレーシングCE28SL、タイヤは265サイズのアドバンA052だ。

レカロのフルバケットシートとナルディクラシック、カーボンパネル程度の変更でスッキリまとめられた室内。ロールケージは投入されていないが、サーキット走行時はシングルシート化される。ピラー横にはGPSラップタイマー機能を持つロガーもセットされている。

このチューンド試乗した佐々木雅弘選手は「変なクセが全くないし、誰が乗ってもどんな走り方をしても速く走れそう。まさにチューニングカーの理想型ですね。タイムだけを狙うならいくらでも方法はありますが、ストリート仕様なら、コストパフォーマンスまで含めベストバランスじゃないかな」とコメント。

チューンドらしさと、ノーマルのような扱いやすさをハイレベルで両立したBNR34。速さ、刺激、快適性…と、トータルで追求していくことこそが第二世代GT-Rで目指すべき道と、その仕上がりレベルの高さから強く感じさせられた。

●取材協力:ツーシステム 秋田県大仙市大曲字以与谷地93 TEL:0187-66-1696