ベントレー、英国の伝統を継承するツイードインテリアを追加。マリナーのオーダーガイドに4種類をラインナップ

ベントレー、英国の伝統を継承するツイードインテリアを追加。マリナーのオーダーガイドに4種類をラインナップ

レザーハイドに調和する4種類のツイード

ベントレーのビスポーク部門「ベントレー・マリナー」は、フライングスパー、コンチネンタル GT、ベンテイガの各モデルに、エレガントで洗練されたツイードのドアトリムオプションを設定した。これにより、カスタマーが新車を購入する際の選択肢がさらに充実化している。

今回、本物の英国の伝統に愛着を持つ人や、持続可能な素材を求める人のために、ほぼ無制限のカスタマイズオプションを掲載している「マリナーパーソナルコミッショニングガイド」に、新しい高品質なテクスチャーとして4種類の現代的なツイードパターンが追加された。

全てのラインナップのオプションにツイードが導入されたことで、カスタマーはインテリアをさらに自由にカスタマイズすることができるようになった。ドアに手触りの良い毛織物を配置することで、インテリアのベクトルを落ち着いた環境に変貌させる。

まず最初にインテリアのデザインを引き立て、キャビン全体に使用されているレザーハイドと自然に調和するよう、厳選された4種類のツイードを用意。

緑豊かな田園地帯をイメージした「チェルトナム」はより伝統的ツイードの選択肢として提供。アウター・ヘブリディーズの荒々しい海岸にちなんで名付けられた「グレンプレイド・トルスタビーチ」は、大胆なチェック柄で自信に満ちた印象をもたらす。

「チャコールヘリンボーン」と「サンドヘリンボーン」のツイードは、2ドアと4ドアのグランドツアラーのダークインテリアと、ライトインテリアを引き立てる、より繊細で現代的なチョイスとなる。

ベントレー、全ラインナップで選べるようになったツイード

持続可能な工程で生産されているツイード

ツイードをパーソナライゼーションオプションのリストに加えることは、ベントレーが目指す“高級車の生産にサステナブルな素材をより多く使用する”ことに繋がっている。これは、ベントレーが持続可能なラグジュアリーモビリティの世界的な先駆者となるための計画として発表した「ビヨンド100戦略」に沿ったものとなる。

ベントレーは創立100周年を迎えた2019年、多くの持続可能な素材を使用したフルEVコンセプトカー「EXP 100」を発表し、サステナビリティの重要性を明確に示した。このコンセプトカーには銅を浸透させた5000年前のリバーウッド、伝統的なウールのカーペット、ワイン製造時の副産物から作られたレザー風テキスタイルなど、持続可能な材料が数多く使用されていた。

ベントレーの各モデルに使用されているツイードは、世界的に有名な「ラバットミル(Lovat Mill)」社から調達。絵画のように美しいスコットランドのボーダーズの町、ホーイックにある工場において、最も倫理的で環境に優しい方法でツイードが生産されている。

ラバットミルは、地元の自然環境に悪影響を及ぼすことのない「ドライ」な生産施設を運営。現場ではアゾ染料などの危険な工業薬品を使用せず、「環境に配慮した」汎用性の高いレピア織機でツイードが織られている。

さらに、地元の電力は90%が再生可能エネルギーからのもので、CO2排出量はごくわずかに留められている。また、地元の熟練労働者は工場から徒歩圏内に住んでいるため、工場全体としてもCO2排出量を最小限に抑えることができている。

ベントレー、全ラインアップで選べるようになったツイード

マリナーのパーソナルコミッショニングガイド

新しいオプションとして追加されたツイードは、マリナーの最新版「パーソナルコミッショニングガイド」に掲載。個性的なベントレーを創るための様々な方法が網羅されているこのガイドには、過去の依頼で得られた経験を活かしながら、カスタマーが自分だけのデザインを生み出す際に着想を得やすくするために作成されている。

以前はカスタマーが主体になってマリナーに特定のカスタマイズのリクエストを依頼していたが、現在では「パーソナルコミッショニングガイド」を確認してベントレーの営業担当者と協力しつつ、カスタマーがマリナーのどのように活用したいのか、どのように利用するのがベストなのかを特定することができるようになった。

このガイドを参照し、マリナーが持つスキルを活用することで、オプションオーダーの所要期間を大幅に短縮することが可能になった。今回登場した「パーソナルコミッショニングガイド」の改訂版では、新オプションのツイードに加えてヘッドレストの刺繍やマーケトリーなどのカスタマイズ例を掲載しており、各モデルが持つ無限の可能性を紹介している。

ベントレー マリナー バカラルのツイードインテリア

 

マリナー バカラルを彩るツイード

ベントレーのデザインにツイードを採り入れたのは今回が初めてではない。マリナーはサヴィル・ロウのテーラー「ハンツマン」とのコラボレーションにより、助手席と運転席のフェイシアに「ペック62」ツイードを使用したベンテイガの「スポーツマン」を製作している。

また、「コンチネンタル GT エクエストリアン エディション」では、ドアインレイとリヤクォーターパネルの特徴的なダイヤモンドキルトにツイード生地を使用。さらに自動車メーカーとしては初めてソフトトップモデルのペイントを実装し、ベニア、ライフスタイルオプションの一部として「コンチネンタル GTコンバーチブル」にツイード調ソフトトップをも追加した。

今年発表された「ベントレー マリナー バカラル」でも、ツイードが重要な役割を果たしている。バカラルは、センターコンソールの側面からインストゥルメントパネルを経てドア内側へと続く部分にグレーツイードを採用。さらに、シートの一部やビスポークラゲッジセットの一部にもツイードをチョイスしている。