【気になる一言】ハミルトン用コクピットで複数箇所を打撲したラッセル「運転しているときは、痛みを感じない」

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)の新型コロナウイルス陽性による欠場を受けて、急きょ代役としてF1第16戦サクヒールGPでメルセデスから出場することとなったジョージ・ラッセル。常勝軍団の一員として初めて迎えた予選で、ポールポジションは獲得できなかったものの2番手を獲得し、予選後のトップ3による記者会見では安堵の表情を浮かべていた。そして、ここ数日間をこう振り返った。

「今週末は、不思議だけど、精神的にはとてもリラックスしているんだ。むしろ、メルセデスから代役出場できるかどうかの連絡を待っているときのほうが、ナーバスだった」

「メルセデスに移ってきてからは、トト(・ウォルフ/チーム代表)とジェームス(・ヴァレス/チーフレースストラテジスト)が『楽しんで行ってこい』と言ってくれた。ルイス(・ハミルトン)がウイリアムズから代役するよりも、僕がメルセデスを走るほうが気楽だからね。誰も、僕に期待なんてしていないから」

「予選は2列目までに入ることができればいいと思っていた。いや、トップ5やトップ6でも、そこから表彰台を狙えればいいという感じで臨んだ。だから、とても落ち着いてアタックすることができた」

2020年F1第16戦サクヒールGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)が予選2番手を獲得
2020年F1第16戦サクヒールGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)が予選2番手を獲得

 ただし、すべてが快適だったわけではない。ハミルトン用に準備されたコクピットは、身長180cmの長身のラッセルには狭く、調整が大変だった。

「じつは結構、打撲によるアザがあるんだ。肩やヒザ、そしてつま先あたりにね。昨日の夜は肩の腫れを治めるために氷で冷やしていたよ。だから、明日のレースは肉体的にかなりハードな戦いになるだろう」

 するとマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が「彼女が手当てしてくれないの?」と茶化してきた。ラッセルはすぐさま「今週は彼女が来ていないんだよ!!」と言い返した後、しかし、余裕の笑顔でこう返した。

「残念ながら、手当てしてくれたのはトレーナーなんだ。でもね、メルセデスのマシンはとても速いから、運転しているときは、痛みなんて感じないんだよ!!」

 フェルスタッペンは、何も言い返すことができなかった。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2020年F1第16戦サクヒールGP予選後会見 ジョージ・ラッセル(メルセデス)