WRCモンツァ:トヨタ、オジエが首位で最終日へ。エバンスの脱落に「言葉が出ない」とマキネン

 12月5日、WRC世界ラリー選手権第7戦モンツァのデイ3が行われ、3台体制でタイトル獲得に臨むTOYOTA GAZOO Racingは、セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合5番手につけた一方、総合3番手につけていたエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)がアクシデントによりデイリタイアとなった。

 3日に開幕したラリーはこの週末初めてモンツァ・サーキットの外に移動し、ベルガモの北側に広がる山岳地帯でターマック(舗装路)ステージが行われた。この日の予定は山間部に設定された3つのステージを各2回走行し、その後サーキットに戻って3日目最後のSSを1本走行するというもの。

 しかし、午後のループ最初のステージ(SS10)はクラッシュした車両がコースを塞いだことでステージキャンセルに。また、SS12では大雪により安全が確保できないとの判断から走行中止となり、予定より2本少ない5本のSSで争われている。
 
 そんなデイ3を総合首位で終えることになったオジエは、オープニングのSS7でベストタイムを記録してダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)から総合トップの座を奪うと、一度は逆転を許すもSS9以降はふたたび首位を奪還。最終的に、2番手に17.8秒の差をつけて最終日を迎えることとなった。
 
 一方、総合4番手で3日目をスタートし、SS9でベストタイムを刻むなど好走をみせ3番手に順位を上げていたエバンスだったが、午後のSS11で路面に積もった雪に足をとられて痛恨のスピン。コースオフを喫しそのままデイリタイアとなってしまう。
 
 なおエバンスはその後、自らコースサイドに立ち、オジエを含む後続のライバルに滑りやすい路面の存在をアピールして注意を喚起している。自身初のタイトル獲得が難しくなったエバンスだが日曜日には修理されたマシンでラリー再出走を果たす予定だ。

 3台目のヤリスWRCをドライブするロバンペラはSS7の積雪区間でスピンし、マシンの操舵系統に軽いダメージを負ってしまう。この件でタイムを失ったものの、その後はミスのない走りで総合5番手で競技3日目をフィニッシュした。
 
 TGR WRCチャレンジプログラムの一環で今ラリーに参戦している勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)はSS11でスピンを喫する場面もみられたものの、最後まで無事に走りきり総合25番手までポジションアップに成功。この日最後のSS13ではベストタイムから0.6秒差のSS2番手タイムを記録してみせた。

カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
TOYOTA GAZOO Racing WRTのトミ・マキネン代表
TOYOTA GAZOO Racing WRTのトミ・マキネン代表

■トミ・マキネン「勝てると信じているが、最後まで安心はできない」

「エルフィンとスコットに起きたことは、我々にとっても非常につらい瞬間だった。彼らがクルマの中でどんな気持ちだったのか、とてもよく理解できるし、言葉にできない」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのトミ・マキネン代表。

「今シーズンのエルフィンはとても良い戦いをしてきた。ここでもつねに最速であろうとせず、きちんと自分をコントロールしていたんだ」

「今日の路面コンディションはかなり酷く、クルマがサービスを出た後に天気が急変した。あのような難しいコンディションでは、どれくらいのスピードで走るべきなのか判断するのは簡単ではなく、ほんの少しの判断ミスですべてが終わってしまう」

「山岳エリア最後のステージは路面に雪が多く、ラリーを戦うような状況ではなかったため、キャンセルは正しい判断だったと思うよ」

 エバンスの脱落によりチャンピオン候補の最右翼となったオジエに対しては、「セブはラリーをリードしており、明日はステージの数がそれほど多くないので、彼なら勝てると信じている」と信頼を寄せるも、「最後まで走りきればいい状況だがフィニッシュするまで安心はできない」と付け加えている。
 
 ラリー最終日となる6日(日)のデイ4は、モンツァ・サーキット内でSS14~16、計3本のSSが行なわれる。SS14“ピーゼロ・グランプリ”はデイ2とデイ3でも走行した全長10.31kmのステージだ。SS15/16“セラグリオ”全長14kmのSSで、最後のSS16はステージ上位タイム記録者にボーナスポイントが与えられるパワーステージとなっている。3本のSSの合計距離は38.31km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は42.73kmだ。

セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ