MINI、フルEV仕様の「ジョン クーパー ワークス エレクトリック」の開発が明らかに

MINI、フルEV仕様の「ジョン クーパー ワークス エレクトリック」の開発が明らかに

MINI John Cooper Works Electric

MINI ジョン クーパー ワークス エレクトリック

次世代アーキテクチャは電動化にも対応

将来的にMINIの車両アーキテクチャは、内燃機関だけでなく電動パワートレインを搭載した「ジョン クーパー ワークス(JCW)」仕様にも対応できるようになる。現在開発されている次世代アーキテクチャは、MINIのモデルラインナップに大幅な自由度を与えることになる。

現在MINIは、ハイパフォーマンス仕様の電動モデル「JCW エレクトリック」を開発中で、サーキットにおけるテストの様子を公開した。今後、MINIのモデルレンジは、このブランドが掲げるドライビングの楽しさの追求だけでなく、電動パワートレインを搭載した車種によって大幅に拡大していくことになる。

開発が続く「MINI ジョン クーパー ワークス エレクトリック」

電動モデルのラインナップ拡充を続けるMINI

徐々に電動モデルのラインナップを拡充しているMINI。「MINI カントリーマン プラグインハイブリッド」の投入によってMINIの総販売台数の5%が電動化され、ブランド初のフルEVモデル「MINI エレクトリック」が販売的な大成功を収めたことにより、電動モデルのシェアはわずか数ヵ月で約10%に倍増した。

順調に進められている電動化プロセスにおいて、次なるステップがMINIのパフォーマンス仕様・JCWの電動化だ。現在、MINIは電動ハイパフォーマンスモデルを投入すべく、準備を進めている。

MINIブランドのトップを務めるベルント・ケルバーは、MINI JCW エレクトリックについて、次のようにコメントした。

「私たちはMINI エレクトリックによって、MINIらしいドライビングの楽しさと、電動モビリティがどのように融合できるかを示しました。今こそ『JCW』ブランドの情熱的なパフォーマンスを電動モビリティへと採り入れる時期だと考えています。現在、私たちはJCWの電動コンセプト開発に取り組んでいます」

開発が続く「MINI ジョン クーパー ワークス エレクトリック」

内燃エンジン仕様の開発・販売も継続

現在、電動化仕様の開発が精力的に行われているものの、今後も内燃機関を搭載した従来型のJCWもこれまで通り製造を継続することがケルバーによって明言された。

「世界中のパフォーマンスカー愛好家のニーズに応えるためにも、JCWの内燃機関搭載モデルは、今後もMINIのラインナップにおいて重要な役割を担っていきます」