荒れに荒れたレース展開。9人のドライバーによるトラブル、アクシデント回顧【第5戦鈴鹿決勝】

 3回セーフティカーが導入する荒れに荒れたスーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿決勝。レースだけでなく決勝前、フォーメーションラップでもさまざまなアクシデントが起きたが、レース後のドライバーコメントとともに、その状況を振り返る。

●#16 野尻智紀(TEAM MUGEN)
グリッドに向かうレコノサンスラップのスプーンでスローダウンしてマシンを止めてしまった野尻智紀。

「クルマのデータの誤作動でエンジンが勝手に止まってしまいました。僕が何かのボタンを押したとかではなく、普通に走っていただけです。初めてのトラブルでした。結果としてすごく残念でしたし、気持ちが途切れそうになりましたけど、チームのみんなが一生懸命グリッドにマシンを並べてくれて、それを間近で見ていたので、そこでしっかりと気持ちも切り替えられました。レースでもいろいろなことが起きたなかでしっかりと順位を上げることができたし、レースもできたので、この経験が明日以降の強さに変わってくるんじゃないかなと思います。このまま相手を勝たせるわけにはいかないですし、幸い、今週は2レースあるのでよかったなと思います。すごくポジティブに明日を迎えられます」

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿決勝
レコノサンスラップでマシンが止まってしまい、ピットに戻る野尻智紀

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿決勝
レコノサンスラップで止まり、レッカーされたマシンを大急ぎでグリッドまで運ぶTEAM MUGENのスタッフたち

●#19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
フォーメーションラップのスタート直後、2コーナーでスローダウン。電気系のトラブルが発生してしまった。

「フォーメーションラップのスタートを出て、1コーナーを曲がって2コーナーに入ったところで突然スローダウンしてしました。そこからは何もできませんでした」

●#64 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)
オープニングラップのダンロップコーナーでリヤのグリップを急に失った形でコントロールを失い、アウト側のクラッシュパッドに直進。最初のセーフティカー導入。

「2コーナーでアウト側にいたときにイン側にいたマシンにぶつけられてホイールが割れて、ダンロップコーナーで突っ込んでしまいました。今回、まずまずの手応えで来ていましたけど、トップはまだ速いので。ただ、レースペースも悪くなさそうだったので残念な結果になりました。自分ではどうしようもできませんでした。仕方ないと言えば仕方ないですけど、切り替えて明日頑張りたいです」

牧野は明言を避けたものの、牧野がぶつかったマシンはチームメイトの大湯都史樹だっただけに、チームにとっても悔しいアクシデントとなってしまった。

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿決勝
ダンロップコーナーでクラッシュした牧野任祐の64号車

●#14 大嶋和也(ROOKIE Racing)
フォーメーションラップ中にピットインしてノーズ内をメカニックがチェック

「ピットインしたのは、ペダルまわりのトラブルでした。走行しているときに何か振動があって、ピットに入って見てもらって、その後は大丈夫でした」

●#6 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
10周目にスローダウンして、そのままガレージに入りリタイア

「ヘアピンの立ち上がりで3速から4速に上げようとしたところ、ギヤが上がらなくなってしまって、その後もギヤが変えられなくなってしまいました。そのまま3速のままでどうしようもなく、ピットに戻ってリタイアすることになってしまいました」

●#50 松下信治(Buzz Racing with B-Max)
18周目の130Rで飛び出し、リヤから高速でクラッシュ。2度目のセーフティカー導入となってしまった。

「130Rで左のリヤタイヤがパンクして、そのままクラッシュしてしまいました。危なかったですが、身体は大丈夫です。そこまでいいレースができていて、ペースもよくて表彰台を争える展開でした。前に3位になった国本(雄資)選手がいて追いついて、そこからというところでのパンクだったので、すごくもったいなかったですね。僕はチャンピオンシップを争っているわけではないですが、チームがすごくいいクルマを作ってくれて、レース展開的にも前に行けて運も味方してくれていたところだったので、残念です」

マシンはエンジン交換も検討されるほどの損傷で、日曜に向けてマシンを修復中。

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿決勝
130Rでクラッシュしてしまった松下信治の50号車

■笹原、坪井、可夢偉、平川による前代未聞の4ワイドの1コーナーバトルによる多重クラッシュ

 24周目の1コーナーで4番手走行の笹原右京、5番手坪井翔、6番手小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)、7番手平川亮の4台がストレート〜1コーナーでバトル。4台が並んで1コーナーに入る形で、高速状態のまま笹原、坪井、平川が接触して笹原と平川はスポンジバリアにクラッシュ。坪井はフロントウイングと右リヤタイヤを破損してリタイア。笹原と平川のマシンはクラッシュパットにマシンを乗り上げ、マシンが横になるような大きなアクシデントとなり、3度目のセーフティカー導入。レース後、笹原にレースタイム40秒加算のペナルティが課された。

●#39 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
「あの1コーナーの状況では、逃げ場はまったくなかったですね。僕は左に小林(可夢偉)選手がいたのでまったく動けなかった。どうして左に寄ってきたのか、意味が分からない。正直、危なかったです。スーパーフォーミュラのあのスピードで走っているなかで、命に関わるようなクラッシュだったと思うので、安易に考えてはいけないと思っています」

「僕の状況としては右に笹原(右京)選手がいて、左に小林選手がいた状況で、僕と小林選手からすれば一番イン側の平川(亮)選手のことは分かっていなくて、笹原選手はイン側に平川選手が来ていて動けない状況で、そのなかで左に振ってクロスラインを狙いたいという気持ちも分かるんですけど、あの1コーナーで4台並んでいる状況で、笹原選手が一番外の小林選手が見えていなくても、僕と平川選手の間にいるわけなので左右に動いてはいけない状況ですよね。上下、前後に動くしかない」

「その状況を理解してレースができないと、危ないですよね。まさか左に寄ってくるとは思わなかったので、僕のフロントウイングと右タイヤが接触して走れなくて、幸い、ぶつかった瞬間にすぐにブレーキを踏んで外に行かずに済んで、クラッシュとしては最小限のダメージで自分の身体も大丈夫だったんですけど、今回の件はきちんとドライバー同士で話し合って、考えなきゃいけないと思います」

●#15 笹原右京(TEAM MUGEN)
「最終シケイン(日立オートモーティブシステムズシケイン)で坪井選手とバトルをしていて、ブレーキングでは僕の方が前にいたんですけど、出口が厳しくなってしまって、トラクションもずっと苦しんでいたので坪井選手に追いつかれてしまって……。坪井選手がスリップを使って左に行ったのは分かったんですけど、そこからは僕も加速が良くて、OTS(オーバーテイクシステム)も使えたのでストレートで伸びてはいたんですけど、平川選手がダブルスリップでイン側から伸びてきて、僕の右フロントが平川選手の左リヤよりちょっと前くらいのポジションで1コーナーに入りました」

「その時、左を見た時には坪井選手はまったく見えなくて、スペースが空いていると思っていましたし、1コーナーのアプローチで平川選手が左に寄ったので、僕もこのままだと平川選手に当たってしまうと思って、左に反応するように避けざるを得なかった。その時には左にスペースは空いていると思っていました」

「結果的に当たってしまったのは申し訳ないですし、先ほど、平川選手、坪井選手には状況を説明させて頂きました。結果的に3台ともリタイアしてしまって、ペナルティも出ているのですが、僕も避けざるを得なかった。映像を見ると4台が横並びに見えて、僕が一方的に悪いように見えますが、実際は僕は坪井選手よりも前に出ていて、平川選手も寄ってきていて僕も行き場がありませんでした。でも、審査委員会が僕に非があるという裁定を下した以上、裁定に従わないといけない」

「身体は今のところ大丈夫です、いろいろな部分を打っていると思うんですけど、明日になってみないと分からないですね。人生でここまでのクラッシュをしたことがないので、当たってスピンしている時に、これはただでは済まないと思って、クラッシュする瞬間にステアリングから手を離して身構えました。幸い、鈴鹿サーキットのクラッシュバリアが衝撃をすごく吸収してくれて、サーキット、そしてクルマの安全性の高さに助けられました」

●#20 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
「とりあえず身体は大丈夫ですけど、(今年1月のトレーニング中の怪我で)右の鎖骨にプレートが入っていて、そこを強く打ったので、ちょっと痛いことは痛いです。これがまだ今はアドレナリンが出ている状態なのでそこまで痛くはないですが、明日どこまで痛みになるか。でもまあ、明日は大丈夫だと思います」

「(予選ではギヤトラブルで走行できなかった)トラブルはいつ出てもおかしくないので仕方ないです。エンジンの暖機の段階からなにかおかしくて、ギヤが変わらなかった」

「(20番グリッドから、スタートで5台抜き、7番手まで順位を上げたところでクラッシュ)最後尾の方がスタートがいいかもしれませんね(苦笑)。最後尾からのスタートは初めてでしたけど、シグナルが見えなくて、首を伸ばして見ながらスタートしました。レースのペースも良かったんですけど、前のニック(キャシディ)はなにかタイヤがおかしかったらしいので、ヘアピンで2台まとめて抜けて、ラッキーでしたね。最後もいいところ(7番手)まで行って、イン側から抜ききったと思ったんですけど、笹原(右京)選手のウイングがかすったのか、ちょっと何が起きたのか分かっていません。まあ、こういう時もありますね。まだ、明日と最終戦富士を頑張ればいいので、スタートも最近良くて、レースペースも良かったので明日は自信を持って行きます」