リタイアのヌービル「ストールから再スタートが切れなかった」/WRC第7戦モンツァ デイ2後コメント

 12月3日から開催されているWRC世界ラリー選手権第7戦モンツァは4日、競技2日目のSS2~6が行われ、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が前日の7番手からトップに浮上した。トヨタ勢ではセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3番手につけている。そんなWRCモンツァのデイ2を終えた各陣営からドライバーコメントが発表された。

■Mスポーツ・フォードWRT

●テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)/リタイア

「昨日はリズムを掴むのに苦戦していたが、今日のスタートは良かった。マシンの感触は本当に良かったんだ。最初のセクターでは速さを出せたが、その後でエンジンにトラブルが起きた」

「チームが修理のためにあらゆることを試してくれたことに感謝している。でも結局はどうしようもなく、リタイアしなければならなかった」

「午前中は良いリズムに乗れていたから本当に残念だし、EP(エサペッカ・ラッピ)を見てみれば、僕たちはもっと速さを発揮できたはずだった」

「EPが今のようなパフォーマンスを出し続けて、チームに好結果をもたらせることを願っている。この厳しい年の後の僕たち全員にふさわしいことだ」

●エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合2番手

「今日は僕たちにとって素晴らしい1日になった。このような順位にいるのは久しぶりだけど、1日の終わりに首位にいないことはまったくたいしたことではない。ここで首位に挑戦すること自体が、チーム全体にとって非常にポジティブなことなんだ」

「明日の出走順は有利だから、間違いなく首位を取り戻せるだろう。僕たちに失うものは何もない。自分のベストを尽くすよ」

「トリッキーな1日になることは分かっている。でも僕は雪のコンディションは得意なんだ」

●ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)/デイリタイア

「少し慎重なスタートをした後で、セットアップをいくらか変更したところ、感触は良くなった」

「そしておかしなことは何もなかったのだけど、ゲートポストを通り過ぎるとき、僕のホイールは開きすぎていたようだ」

「ポストの内側に軽く触れ、サスペンション全体が引っ張られることになってしまった。小さなミスのわりに悪い結果になってしまったが、起きてしまったことは仕方がない。明日の復帰を目指すつもりだ」

■ヒュンダイ・シェル・モビスWRT

●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイリタイア

「望んでいたような1日の終え方ではなかった。午前中のミスの後、激しくプッシュして順位を挽回することを目指していた。SS4(チントゥラート)のシケインでは、コンクリートブロックに近づきすぎ、サスペンションを破損してしまった」

「僕たちはタイムを失ってしまったが、マシンはまだドライブできる状態だった。ステアリングは問題なく、リムとタイヤも大丈夫だった。だが、残念ながら、水しぶきが上がった時にマシンに水が入りすぎ、エンジンがストールしてしまった」

「そこからリスタートすることができなかったので、その場にマシンを停めるしかなかったんだ」

「やるべき自分の仕事ができなかったことについて、チームに対して本当に申し訳なく思う。でもいつものように気を取り直して、改善に努めていくよ。チームがマシンを修理してくれるから、僕たちは明日も続けることができる」

●オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合5番手

「今日、僕たちが直面したコンディションは独特で、今年もっともタフなもののひとつだった。一部グラベルセクションになっているターマックをドライブするのは絶好調の時でさえトリッキーなものだ」

「この天候ではどれだけ厳しいか想像することができない。特にグラベルクルーがいないわけだしね。だから自分たちで路面を読み取らなければならなかった」

「路面に集中して、グリップの限界がどの辺りにあるか見るんだ。それはつねに100パーセントでなければならない。なぜならプッシュしすぎるとどこかに足を取られてしまうところがあるからだ」

「僕たちはそれをやり遂げ、クリーンな走りをして1日を終えることができた。雨とアクアプレーニングがひどく、楽な状況には程遠かったよ」

「また、1日のなかでいくつか改善することができた。時々マシンの感触が良い時があったよ。明日のステージはさらにいっそう難しくなりそうだが、今日目にした以上に面白い何かがあるのなら、見てみたいものだね!」

●ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合首位

「今日は本当に厳しい1日だったが、トップで終えたのだからポジティブだ。オープニングのテストでステージ優勝を飾るという良いスタートが切れた。でも僕たちとあまり相性が良くないぬかるんだセクションでは少しタイムを失ってしまった」

「僕たちは首位でいるためにプッシュし続けた。明日は、今のような感じで雪が降るのなら出走順がさらに後ろになることが重要だ。はっきりとしたラインを見るためにね」

「いくつか重要な変更をマシンに施したので、ハンドリングが改善され、より自信が持てた。でもこうしたコンディションではそう楽にはならないよ。良いスタートを切ることはできたけど、これからどうなるだろうね」

■TOYOTA GAZOO Racing WRT

●セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合3番手

「波乱の1日だった。ペースは良かったのだが、いくつか小さなミスをしたり問題が起きたりして、少しタイムをロスしてしまった。それでも、何よりも重要なのは今現在優勝争いをしていることだ」

「明日、山間部のトリッキーなコンディションでの戦いになれば、ライバルとの差を縮めることができるかもしれない。もし、路面が新雪で覆われていたら、自分たちの出走順はきっと有利に働くだろう。どうなるのか、楽しみだね」

●エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合4番手

「全体的には悪くない1日だったと思う。ミスはせず、タイムロスもしなかった。確かに目を見張るような速さではなかったかもしれないが、今日のような難しいコンディションにおいては、速く走ることとミスをしないことのバランスが何よりも重要だったと思う」

「同じステージを2回目に走ったときは、轍(わだち)の中に水がたくさん溜まっていて本当にトリッキーだった」

「明日は、今日とまた違う非常に難しい1日になりそうだ。ステージは今日までウインターコンディションだったけど、路面は刻一刻変化していると思うので、明日の朝起きて状況を確認しなくてはならない」

●カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合6番手

「大きなリスクを冒さずに走ることが今日の目標だったが、基本的にはミスなく1日を走ることができた。今朝の2本目のステージだけはタイムを大きく失ったけど、それ以外はとても良かったと思う」

「ステージには溜まり水が多く、本当にトリッキーだった。午後はさらに難しいコンディションになっていったけれど、他の多くの選手と同じようにスノータイヤを履いて走ったところ、それがとても良く機能たんだ」

「明日は非常に難しいコンディションになりそうなので、朝起きて状況を見た上で、タイヤ戦略を決めることになるだろう」