今季4度目のポールを獲得した角田裕毅「自分のプランに従ってレースに集中するだけ」/FIA-F2第12戦予選

 角田裕毅(カーリン)が、今季4度目のポールポジションを獲得した2020年FIA-F2第12戦バーレーン。1週間前と同じサーキットながらレイアウトは大きく変更され、誰にとっても未知のコースだった。

 それでも角田選手はフリー走行から群を抜く速さを発揮し首位に立った。予選でも1セット目のアタックで出したタイムを誰も破ることができず、ポールポジションが確定。これで4ポイントを獲得し、選手権ではロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)を抜いて暫定4位に順位を戻した。

 しかし本番はあくまで土日の2レースだ。フロントロウには今季何度も争ってきたニキータ・マゼピン(ハイテックGP)が並ぶが、角田選手は「自分のプランに従って、レースに集中するだけ」と、レースへの決意を語っていた。

────────────────────

──フリー走行からトップタイムでした。
角田裕毅(以下、角田):これまでやってきたことと同じことをやって、結果的にトップが取れました。このサーキットは予選で渋滞にはまらないことが重要なので、その準備・練習も重ねました。レースに向けてロングランも十分に周回でき、いいデータを取ることができました。

──そして予選ではポールポジションを獲得しました。

角田:予想どおりクリアラップを取るのが難しいセッションになりましたが、完璧なプランは思いつかず、とりあえず最初のアタックは前との間隔を空けていきました。その甲斐もあって、予想以上にいい位置でアタックができ、タイヤの温めもうまくいってトップタイムを出せました。

 そこは本当にエンジニアに感謝です。2セット目ではタイム更新ができませんでしたが、前戦の予選での失敗もあったので、ポールを獲得して少しでもチームに恩返しできたかなと思います。

──予選の最初のスティントはソフトで何周も周回してましたが、タイヤ的には大丈夫でしたか?

角田:とくにフロントタイヤに熱が入りにくくて、それを予想しながらセットアップをしました。それでも熱入れが難しいのは変わらなくて苦労しました。ただ以前も同様の苦労をして、その経験が活きた感じです。

2020年FIA-F2第12戦バーレーンGP 角田裕毅(カーリン)
2020年FIA-F2第12戦バーレーンGP 角田裕毅(カーリン)

──ストップ&ゴーのレイアウトだけに、垂れるのはリヤタイヤですね。

角田:そうですね。コーナー立ち上がりのトラクションでタイヤを酷使します。

──実際に予選での最後の走行は厳しかったですか?

角田:そこまで垂れてはいなかったです。3回プッシュできましたし、ただ夜の寒い気温で走った分、タイヤが持ったという面はあると思います。レース1はもっと高い路面温度が予想されるので、そのあたりはいろいろと違ってくるはずです。

──(アウタートラックの)路面はかなりバンピーでしたか?

角田:ターン6のバンプと、ターン7の高低差はけっこう大きかったですね。アップダウンとバンプがバーレーンとしては大きい区間でした。

──フロントロウにはマゼピンがいますが、ちょっといやな感じですか?

角田:う~ん、まあそうですね(苦笑)。甘くない相手だし、それなりにアグレッシブに来るので油断できない。でもバトルになったら自信がありますし、ペースでも負けていないので、マゼピンを気にするというより、自分のプランに従ってレースに集中するだけです。

──今回のポールポジションは、今までの4回のなかでもひときわ嬉しいものでしたか?

角田:どうでしょう。今回は単純に嬉しいというより、先週の失敗で落ち込んでいたこともあったので、チームに感謝という気持ちの方が大きいですね。

2020年FIA-F2第12戦バーレーンGP 角田裕毅(カーリン)
2020年FIA-F2第12戦バーレーンGP 角田裕毅(カーリン)