ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー」、日本での予約販売をスタート

ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー」、日本での予約販売をスタート

Harley-Davidson LiveWire

ハーレーダビッドソン ライブワイヤー

世界初の量産電動スポーツバイク

ハーレーダビッドソン ジャパンは、ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー」の日本モデルを、12月3日からハーレーダビッドソン公式サイト、全国のライブワイヤー正規取扱ディーラーにおいて予約販売を開始した。

ライブワイヤーは電気のみをエネルギー源とするまったく新しいモーターサイクル。クラッチ操作不要でスロットルをひねった瞬間に100%のトルクを発揮し、約3秒で100km/hにまで到達する。そのライディング体験はまさに異次元で、ハーレーダビッドソンの電動スポーツバイクのフラッグシップにふさわしい新世代の1台と言えるだろう。

加速時に奏でられる新たなH-Dサウンド、ライダーの好みや路面状態に最適化した7つのライドモード、先進安全技術もふんだんに盛り込んだライブワイヤーは、世界初の量産電動スポーツバイクであり、日本モデルはアジア初導入となる。

ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー」

最大航続距離はシティモードで235kmを確保

ライブワイヤーのシャシー底部には、電動バイクの要となる「H-D Revelation」電動モーターがあり、その上部(車体中央)には15.5kWhの高電圧バッテリーを搭載する。100%充電時の最大航続距離はおよそ市街地において235km、高速道路では152kmを実現した。

ライブワイヤーは、クラッチやシフトチェンジの煩わしさから解放され、スロットルレバーの操作によって自由自在に回転数を制御するイージーライドを実現。さらに起動のための電力を供給するサブバッテリーも搭載されている。

ライブワイヤーではスロットルを開けていない走行時に回生充電が行われる。この回生プロセスは、ライダーにとってはエンジンブレーキのように感じられ、その回生レベルは後述のライドモードの設定によりライダー自身が任意に選択することが可能だ。

ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー」

速度やバッテリー残量を表示するタッチスクリーン

スピードメーターやバッテリー残量を表示するカラータッチスクリーンを採用。このスクリーンから、乗り味の異なる7つのライドモードを自由に選択できる。

フルパワーと最速のスロットルレスポンスを可能にする「スポーツモード」、 日常使用に最適なバランス重視の「ロードモード」、走行距離を最大限に引き出す「レンジモード」、荒天時等に最適な安全性能重視の「レイン モード」に加えて、ライダー自身が自分好みにアレンジ可能な3つの「カスタムモード」を登録することも可能だ。

普通充電(J1772)に対応し、一晩(約12.5時間)で0%から100%までのフル充電が可能。また、日本国内でも一般的な急速充電規格「CHAdeMO」に対応しており、街中及びSAやPA、道の駅などでも手軽に充電が可能となっている。このバッテリーには5年間の走行距離無制限の保証を付帯。また、車両本体にも3年の保証が合わせて付帯されている。

ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー」

日本へのデリバリーは2021年前半を予定

日本モデルは「オレンジヒューズ」と「ビビッドブラック」の2色を展開。12月3日から予約販売がスタートし、カスタマーへのデリバリーは2021年2〜3月となる予定だ。

日本国内のライディングには「大型自動二輪車免許」か「大型自動二輪車免許(AT限定)」が必要。車検は不要となっている。12月11日からは全国の正規取扱ディーラーにおいて、順次日本モデルの展示も行われる。

【車両本体価格(税込)】

ライブワイヤー:349万3600円

【問い合わせ】
ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
TEL 0800-080-8080