「このJZS147アリストは新車か!?」内外装フルレストア! 心臓部は2JZ-GE改スーパーチャージャー仕様!

「このJZS147アリストは新車か!?」内外装フルレストア! 心臓部は2JZ-GE改スーパーチャージャー仕様!

単なる親父セダンと侮るべからず!

ノーマルルックでこっそり楽しむスリーパー仕様

これまでも数多くのレストアを手掛けてきた“ミハラ自動車”の旧車部門“Mクラフト”と、老舗ショップ“HKS九州サービス”がタッグを組んで製作したのがこの初代アリスト(1995年式)だ。

ベースは2JZ-GE搭載の3.0Qグレード。極力新車に近い状態までレストアを施しつつ、NAエンジンのパワー不足を補うべく過給機チューンを敢行し、スリーパーと呼ぶに相応しい仕様に仕上げられているのがポイントだ。

選択した過給機は、ナチュラルなフィーリングが魅力のHKS GTスーパーチャージャー。サイズは400psも狙えるミドルクラスの“7040”をセレクトし、専用ブラケットを介してシリンダーブロック右側にマウント。インジェクターがノーマルのため、ブースト圧は最低限に抑えられているものの、それでも2JZ-GTEと同等の280psを発生させている。

インクークーラーはHKSの小型タイプをフロントバンパー内に設置し、吸入空気温度の安定化を図る。パワーを引き出すことはもちろん、トラブルを起こさないためのパーツでもある。

エキゾーストには個性的なスクエアテールを有するHKSプレステージマフラーをセット。現在では廃盤のアイテムだが、当時物の未使用品を探し出して装着したとのこと。

足回りはアームからサスペンションまで全てフルノーマル状態。ホイールはターボ用の16インチで、タイヤは225/55R16の標準サイズを履く。

30年前の個体とは思えないほど美しいコンディションを誇る室内。ミッションは純正の4速ATだ。

前後シートはダッシュボードやドアの内張りに合わせたタンカラーのフェイクレザー仕様とすることで、ヨーロピアンな雰囲気を演出している。

ちなみに、この車両はミハラ自動車の販売車両になるとのこと。ノーマルルックで過給機チューンドのパワーを味わうも良し、ベース車両と捉えてチューニングを進めるも良し。初代アリストに思い入れがあるユーザーは、一度問い合わせてみてはいかがだろうか。

●問い合わせ:ミハラ自動車(Mクラフト) 福岡県北九州市八幡西区夕原町3-50 TEL:0066-9711-484165/HKS九州サービス 福岡県北九州市小倉南区蜷田若園3-12-15 TEL:093-931-6910