ミニバンベースのキャンピングカーって普段使いもできて楽しそう!  東京キャンピングカーショーで見つけた6台

TOKYO CampingCar Show 2020で
ミニバンキャンピングカーを探せ!【前編】

本格的な車中泊を楽しむなら、やっぱりキャンピングカー。というわけで、国内外の実力派ビルダーが集まった、このイベントに潜入。快適に寝られそうなお手軽バンコンを中心に、便利でおもしろそうなクルマをピックアップしてみた!
ミニバン 車中泊 キャンピングカーショー キャンプ 車

【TOKYO CampingCar Show 2020 in 幕張メッセ】9月19日(土)~21日(月)

ナッツRV/NV200
対面式ダイネットからワイドベッドに瞬間チェンジ


NV200ベースの車中泊仕様車、キャネルポップアップルーフ。昼はテーブルを中心に対面式ダイネットとしても使え、夜はベッド展開して広い就寝スペースとして使える。ポップアップは子どもの寝床にもGOOD。388万5000円~。

ベッド展開すればワイドなフラット空間に。テーブルをセットしてお座敷感覚で使うこともできる。

NV200ながら、余裕たっぷりのリラックス空間でティータイム。

ダイレクトカーズ/N-VAN
ヴィンテージ感たっぷりのリアルウッド空間


車名のリトリートは「隠れ家」という意味の言葉。その名の通り、インテリアにリアルウッドをあしらった山小屋のような雰囲気。オシャレな一人旅が楽しめそう。229万円~。

天井の左右には収納庫。ベッドマットを外せば、下は巨大な床下収納空間になっている。

セカンドシートの横に、ウッドのアウトドアテーブルをセット。

オーニングはオプション。14万5000円。

M.Y.Sミスティック/ハイラックス
専用のキャンパーシェルでハイラックスをワイルドに演出


こちらはハイラックス専用キャンパーシェル、J-cabinHN。エントランスを開けばタテ置きシートが並んだ対座のダイネット。奥には高さも広さも十分なバンクベッドが鎮座。264万5500円~(税込・車両別)。

テーブルを外してベッド展開すれば、ワイドなベッドがもうひとつ。大人4人が余裕で寝られる。

入って左手前には2バーナー&シンクを備えたキッチン。照明付きレンジフードもオプションで設定。

M.Y.Sミスティック/トレーラー
レトロモダンなインテリアの軽量キャンピングトレーラー


軽自動車でも牽引できる、軽量コンパクトなキャンピングトレーラー、レジストロ・クコ。総重量を480㎏に抑えた軽さと強度の高さがポイントだ。239万8000円~(税込・車両別)。

雰囲気は山の中に佇む明るいログハウス。採光は前側の丸窓も含めて4箇所から。

L字型のキッチン。下は冷蔵庫や調理器具を収納できるスペース。

日産ピーズフィールドクラフト/セレナ(C27)
天空の秘密基地が付いたセレナの車中泊仕様


セレナの車中泊仕様、P-SV(ポップルーフ・スリーピングバージョン)。アッパールームは、フルオープン、フルクローズ、ハーフオープン、レインカバーなど状況に応じて万能に対応。326万9200円~。

座席を倒してオプションのアンダーベッドを使えば、大人2人が寝られる就寝スペースに。

ワクワクが止まらない、子どもたちの秘密基地。

ケイワークス/デリカD:5
D:5で冒険クルージング&快適キャンプ


走り、安全、快適面でのレベルアップを図ったケイワークスのD:5クルーズコンプリートカー。居住面での注目点は、独自開発の可変式二つ折りシート。このシートはベッド、対座、広い荷室に早変わりする。430万円~。

フラット化でベッド。3列目と向き合わせれば対座シート。跳ね上げれば荷室。

ポップアップルーフ。リアラダーを使えば外から出入りが可能。93万円~。

3方向がメッシュの窓になっているため、暑い季節でも爽やかな風が流れる。

  • これなら普段も普通に使えるね! ミニバンベースのキャンピングカー7台(+1台)をショーで見つけた

    TOKYO CampingCar Show 2020で ミニバンキャンピングカーを探せ!【後編】 本格的な車中泊を楽しむなら、やっぱりキャンピングカー。というわけで、国内外の実力派ビルダーが集まった、このイベントに潜入。 […]
  • ミニバンベースのキャンピングカーって普段使いもできて楽しそう!  東京キャンピングカーショーで見つけた6台

    TOKYO CampingCar Show 2020で ミニバンキャンピングカーを探せ!【前編】 本格的な車中泊を楽しむなら、やっぱりキャンピングカー。というわけで、国内外の実力派ビルダーが集まった、このイベントに潜入。 […]

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]